◆『モネの庭』・・・・浜名湖ガーデンパークへ その1

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_23324821.jpg
今日は早起き苦手な私が5時起きして 浜名湖ガーデンパークへ行きました。
「花の美術館」にあるモネの庭を見たかったからです。
昨年もバラウイークが終わった5月末に行く予定をしていましたが あいにくの雨で断念したので今年は思いが募っていました。
朝からいいお天気で モネの庭に着いた途端 「わあ~~」と固まってしまいました。
美しい! いい薫り!
何連にも連なったバラのアーチです。

e0154682_23342840.jpg
これはモネの家。フランスのジヴェル二ーのとそっくり。
2004年に開催された浜名湖花博で造られたモネの庭が 今も開放されています。
家を伝うつるバラが綺麗です。

e0154682_23443046.jpg
このつるバラはニュードーン。
照葉とピンクの花のコントラストが綺麗です。
我が家のニュードンはカミキリ虫の被害に遭って枯れましたが 元気だったらこんなふうに咲いてくれたかな・・・。

e0154682_2345372.jpg
これは昨日ご紹介した挿し芽で花が咲いたエクセルサです。
こんなふうに咲くには あと2~3年かかるでしょうね。

e0154682_23463611.jpg
エクセルサの横の階段を上がって家のテラスから庭を眺めると息をのむ美しさ。
バラの香と色の鮮やかさで興奮しっぱなし。
e0154682_071211.jpg
家から見るとアーチはこんなふうに見えます。
柔らかな色合いで 庭はこのアーチを中心にシンメトリーに造られています。
モネは絵を描く傍ら庭師としても凄い作品を残したんですね。
左の東側は朝陽の庭で 奥の方から 白 ピンク ブルー 紫・・・と家に近づくほど濃い色に植栽されていて 反対の西側の夕日の庭は 手前が明るく植栽されているそうです。
家の前の花壇は 中央が赤(今はペチュニア)東側が黄色(ナスタチューム) 西側がピンクです。
庭の配色はすべてフランスのジヴェル二ーと同じに忠実にされているそうで この庭を設計されたNHKの趣味の園芸でおなじみの玉崎弘志先生が 月に1度は来られてチェックされるそうです。
・・・・・というお話しを バラの花がらを摘んでいるスタッフの方がしてくださいました。
面白かった!

e0154682_23473693.jpg
これはモネが一番好きだったツルバラ 「マーメイド」です。
白い花びらの中心がクリーム色で シベが黄色で明るいバラです。
とっても剛直な枝でトゲも凄いのですが 大きな蕾が房のように固まってついているので長く楽しめそうです。照葉の濃い緑とクリーム色のコントラストが綺麗です。
e0154682_23471052.jpg
2階の西の端の部屋がモネの寝室で 朝目覚めた時に見れるようにマーメイドは植えられています。
足元のジキタリスやキンギョソウ 二コチアナ・・・・が綺麗です。
家の壁やドアの色と花の色合いがとっても綺麗。

e0154682_23541054.jpg
紫とブルーと黄色の植栽。
黄色はクラスペディアだと思うのですが 我が家ではこんなに育たなかったけれど やっぱりいい仕事してますね。
この花壇 写真では分かりにくいけれど 奥に濃い紫 手前に淡いブルー 奥に濃い緑 手前に黄緑・・・・・と色合いがしっかり分けられています。奥の方には 濃いクレマチスも這わせてありました。
勉強になる~。
e0154682_23582710.jpg
ここは赤い植栽。
やはり後ろに濃い赤黒いバラ 手前にピンク 奥に大きな花 手前に小花・・・・・アリウムが小花に埋もれていい感じ。
e0154682_23593189.jpg
黄色の植栽。
ダリアやルピナス・・・・

e0154682_005073.jpg
フンワリピンクの植栽。
ジキタリスやカンパニュラ ポピー ナデシコ・・・・・みんなしっかり咲いているのに フワフワ柔らかな雰囲気。
e0154682_1443137.jpg
ここは背の高い花たち。
私がほしかったローズや黒のホリホック 黒の小花 その後ろに優しいピンクのバラ・・・心憎い配色です。
カラースキムがきっちりされた庭・・・・・素敵です。
e0154682_05877.jpg
太鼓橋のある睡蓮の池。
ジベル二ーとそっくりです。 柳がもっと大きくて枝垂れていたかも・・・。
緑の色合いが綺麗で 睡蓮がチラホラ咲いていました。
e0154682_054027.jpg
池の周りの小道です。
ヤナギの柔らかい葉っぱと 黄色 銅葉 紫・・・・と 何気ないのに色合いが素敵です。

フランス・ジベル二ーのモネの庭には 10年以上前に行きましたが 人がいっぱいで今日みたいにしっかり見れなかったように思います。
とっても素敵だったのは言うまでもありませんが・・・。
ダリアが 私の両手で抱えるよりも大きくて  どの花も栄養満点でしっかり管理されて育てられているのを感じました。
でも 今日の庭と違ったのは 「光」でしょうか・・・。
ジベル二ーに降り立った途端感じたのは 光の鮮やかさでした。
太陽の光が違うみたいに ごみのフィルターを外したみたいに 家も道も空も鮮やかに見えました。
モネはこんな鮮やか世界を見てたんだ~・・・とその時思ったのを覚えています。

この「花の美術館」は とても手入れが行き届いていて感心しました。
色合いが素敵で すごく勉強になりました。
しかも 入場料金も駐車場代もいらなくて・・・・静岡県や浜松市の懐の大きさを感じました。関西ではありえない・・・。
季節が変わるたびに来てみたい庭ですが・・・・
・・・遠い・・・・
朝早くから起きて連れてきてくれた旦那さんに感謝です!



人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2010-05-30 02:15 | ★おでかけ | Comments(0)
<< ◆「浜名湖ガーデンパーク」&「... ◆遅咲きのバラ4種・・・ >>