◆光のオーナメント

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります
e0154682_2233858.jpg


昨日と打って変って今日は快晴のお天気。
・・・で、暑つ~~い!
先日買ったガラスのオーナメントが 真夏の太陽の光で キラキラ綺麗に輝いていました。

















e0154682_2231365.jpg


リビングの窓際に誘引しているバラ 群星につり下げています。
よく光るし 風で動くし 一つあると部屋中からでも楽しめます。
















e0154682_2241310.jpg



フロントガーデンのアナベルはも光に輝いて見えました。
小さな花が一つ一つ光を反射してるようで 綺麗です。
もうすっかりライムグリーンになってきました。
たくさんの友人に差し上げて残ったアナベルですが こうして最後まで切らずに置くと 綺麗なライムグリーンのドライになっていきます。







e0154682_22428100.jpg




でも・・・・・・
よ~~く見ると まだ白いのもあって コントラストが綺麗です。
本当に最後の最後まで楽しめる花。
バラが終わってからは バラの代わりに 友人へのお土産に重宝しました。
フロントガーデンのアナベルは日当たりも良くて すごく大きな株になったので 多少摘んでも大丈夫。 





e0154682_2253725.jpg
・・でも この隣に植えていたアナベルを カンナを植えるので移植しましたが エゴの木の下へ移すと なんと今までの1/4程になってしまったのがこれです。
ベンチの横で青息吐息の感じ。
植物は正直ですね。
日当たりも土もいい場所では素直にグングン大きくなるけれど いくら大きな株でも 条件が悪いと逆にどんどん縮小していきます。
かといって 小さな庭ではどれもが好条件の場所に植えれないし・・・・
本当に 何でもよ~~く考えないといけませんね。

今まで 結果オーライの世界だったけれど 世の中そんなに甘くない・・・・・んだ
・・・ということが分かってきました(遅いよ~)




いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2011-07-08 22:32 | ★ガーデニング | Comments(6)
Commented by tt0893 at 2011-07-08 23:56
こんばんわっ!
植物ってホント正直ですよね。
その環境に合うところに植えればグングン成長するのに、気に入らない場所だと???の状態になっちゃいますね。
アナベルは長く楽しめるんで俺も大好きな花の一つです。だたウチでは日当たり良好!の環境に植えてないもんで・・・やっぱり植えかえるべきなのかなぁ?
ポチっと応援OKですっ!
Commented by rinarina_216 at 2011-07-09 09:47
ほんとにアナベルって、
咲き始めから咲き終わりまで楽しめるお花ですね☆
そろそろうちもカットして、
ドライにする予定です^^
アナベルサイコー!
Commented by 小人の小道 at 2011-07-09 10:08 x
アナベルって、長く咲くのですね。
うちには無いので、来年には仲間入りさせたいです!
そして長く楽しませてもらいます。
Commented by soleil-gardener at 2011-07-09 22:38
こんばんわ。 rinarinaさん!

rinarinaさんのお庭のアナベルも大きくてたっぷり咲いていましたね。
たくさんのドライができますね。
プレゼントに小さな枝を添えるのも可愛いし いろいろ使えますね。
私もそろそろかとしないと♪

Commented by soleil-gardener at 2011-07-09 22:40
こんばんわ。小人の小道さん!

アナベルって 1か月以上咲いていると思います。
日当たりがいいと大株なるし 冬剪定しても咲いてくれるし 育てやすいし・・・・ほんとお勧めです。
トライしてくださいね~♪

Commented by soleil-gardener at 2011-07-09 22:40
こんばんわ。りゅうせいさん!

>その環境に合うところに植えればグングン成長する
・・・・ほんとそうですね。
環境に合う場所って ネットや本で読んで分かったいる気がしていますが いざ実際に自分の庭におきかえると 私はあんまりわかってないみたい・・・かも・・・です。
アナベルも アジサイなので 日陰・・・と思いますね。
でも日陰だと大きくは育たないし・・・・

私もブログ見せていただいて ポチっとしましたよ~♪
<< ◆夏のブルー ◆クロモチの行方 >>