◆つるバラを誘引する場所

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_1541321.jpg
本当に寒い日が続きますが・・・
朝 ちょっとゾクッとする~・・・風邪かしら・・・
と思っても 午後になるとやっぱりフロントガーデンの剪定を始めてしまいます。
季節は待ってはくれないし・・・・

写真はフロントガーデンの2番目のアーチからの様子です。
左のピンクがヘリテイジ 右の白がアイスバーグですが
その向こう(3番目のアーチ)の左のアプリコットのアブラハムと 右のピンクのラ・レーヌヴィクトリアがちょこっと見えていることで奥行きが感じられます。

奥に行くほど 誘引を変えていかないと・・・と この写真を見て今からの作業の参考になりました。

e0154682_15412155.jpg
つるバラを誘引するのに大事なものは 誘引する場所・・・オベリスクや ラティスや アーチですが これがしっかりしていないと大変です。
今年 裏庭の出口のアーチを変えました。
暴れん坊アルテシモの枝の威力で 木製のアーチはガタガタになっていたので 家の北側に置いていたアーチをここに持ってきました。
以前のより頑丈です。
水平器で高さを揃え ステインを塗ってからしか誘引ができないので 1本のつるバラを仕上げるには時間がかかります。
枝そのものを誘引するだけならすぐにできるのですが  その場所を毎年しっかりした状態にしてから・・と思うと なかなかです。
・・・だから実はアルテシモの誘引はまだ終わっていません・・・・・これから・・・・

e0154682_1542415.jpg
門扉横のゼフィリン・ドルーアンも3~4年目のバラで 今が一番伸び時です。
だからすごいシュートがいっぱいで 板塀の上に渡したぺッポコな板が折れていました。
これも修理してスタインを塗って・・・

e0154682_15413743.jpg
フロントガーデンの1番目のアーチのマダム・アルフレッド・キャリエールは もう信じられないぐらいのシュートの数です。
もう8年目のバラで カミキリムシに何度も入られ 幾度どなく危機を乗り越えてきたバラですが 体力あります。
アーチだけでは収まらず もう屋根のひさしからつり下げることも不可能になったので(重くて・・・)新しいアーチを作りました。
これにもステインを塗って・・・・・

先日ご紹介した出窓の上のラティスの取り付けや 昨日ステインを塗って雨戸の戸袋に取り付けるラティス作りなど 誘引以前の仕事がたくさんあります。
これがアイアンのだとそれほど補修しなくていいので楽なんでしょううけれど・・・・
つるバラを剪定して誘引することが こんなに時間がかかるとは思いもよりませんでした・・・今までは大変とあまり思わなかったのですが今年は・・・・
綺麗なバラを咲かせたい・・・そんな気持ちだけで始めたバラ作りですが 8年目になってようやく 体力も気力も知識も必必要だということが分かってきました・・・遅すぎない・・・
だからよけいに 綺麗に咲いてくれると この上なく嬉しくなります。
その気持ちだけでテンション持続してきたみたい・・・・








いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2012-01-30 16:22 | ★ガーデニング | Comments(0)
<< ◆冬だけのアースバーグ ◆ラ・フランスのジャム作り >>