◆いかなごのくぎ煮・・・・・明石 魚棚へ

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_0374650.jpg
今日は明石へ行ってきました。
毎年この時期明石へ行くので いつも明石駅を降りてすぐのところにある 「魚棚(うおんだな)」へ寄るのが恒例になっています。
そして この時期は「いかなご」漁が解禁になっているので 魚棚は賑やかです。

e0154682_0383026.jpg
新鮮なお魚 たこ  アナゴのてんぷら たこのうま煮・・・・美味しそ~~
活気があって楽しい~

e0154682_038898.jpg
そして いつも寄るのが明石焼きの「松竹」です。

e0154682_0573083.jpg
明石焼きは たこ焼きをお出汁につけて食べるもので 卵がいっぱい入っていてフワッとして美味しいのです。
魚棚の近くには 明石焼きのお店がたくさんあります。
この松竹は お昼時には待たないといけないので 時間をずらして行くようにしています。
明石に来たら明石焼き・・・・定番です。 

e0154682_05626.jpg
今日はいかなごと 新子 マグロの赤身 アナゴを買って帰りました。
いかなごは 平年並みで 700円から1000円で売られています。
帰るともう夕方でしたが 新鮮なうちにいかなごの釘煮を作りました。


e0154682_155745.jpge0154682_162549.jpg








「イカナゴのくぎ煮」
材料
イカナゴ      1k
濃い口しょうゆ  200cc
さとう(ザラメ)   230g
お酒         50cc
みりん       150cc
土しょうが     50g
作り方
①いかなごを洗って 土生姜を皮付きのまま千切りにして 調味料を合わせて煮立たせます。
②煮立った所にいかなごを入れて 素早く手でさっとかき混ぜます・・・・・・手でかき混ぜるなんて 熱い?・…でもなく・・・いかなごが冷たいので 指を拡げてさっとかき混ぜれます。
③落としブタをして  強火で一気に煮立たせ吹きこぼれない程度の火加減で煮ます。 
お箸とかでかき混ぜないで 見てるだけ。
④アワが鎮まって煮汁が減ってきたら中火から弱火にして落としブタをとります。 煮汁の量を確かめながら 煮詰めていって少しの煮汁が残っている状態で火を止めます。
煮あがったら 平たいざるなどに出して 残りの煮汁を切って 素早く冷まします。

e0154682_0563856.jpg
出来上がり~
白いご飯にいかなごの釘煮・・・・美味しい~~
春の定番です。
毎年たくさん作って 友人にお裾わけしたり 息子家族へ送ったりしています。
以前 この時期 神戸のJR甲南山手の駅で電車を降りると いかなごを炊くにおいが辺り一面に漂っていました。
本当に・・・
この季節独特の 街のにおいですね。

いかなごを炊くと春の訪れを感じます。
春の風物詩ですね。




いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2012-03-02 01:44 | ★おでかけ | Comments(2)
Commented at 2012-03-02 05:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soleil-gardener at 2012-03-02 22:25
わあ~ ありがとうございます。Tさん!

さっそく来ていただいたんですね♪
昨日はお疲れさまでした。
いかなご 久しぶりにうまく炊けましたか?

そうでしょう?
イメージ違うでしょう?
どうしよ~

まあB面は「2」の線でいくことに・・・・

そうですね。
来週最終ですね。
寂しいけれど 気を引き締めて頑張りま~す。
訪問いただいてありがとうございました♪
<< ◆クリスマスローズがやっと咲き... ◆クレマチスの誘引 >>