◆群星の剪定

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_23391651.jpg
スノーグースの2番花が咲いています。
ERですが小さな花びらがたくさん集まって フワフワした可愛いバラです。
花芯の黄色がアクセントになっています。

e0154682_23394828.jpg
さてさて リビングの屋根に這わせた群星の剪定をしました。
花後に剪定する・・・なんて・・・・・
どのナーサリーでも 葉っぱをたくさん残した方がいいのでそんなことしたらダメ!
・・・と言われますが 私は 苗を買っているニューローズで もう7~8年前に教えてもらって 毎年続けています。
もちろんツルバラだけです。
つるバラは花後に剪定しておくと 冬の剪定は枝先だけで済むから・・・と。
でもこれは 大きく育ったつるバラの場合で 新苗や2~3年目のつるバラではできないと思います。
私は ひとつには 風通しを良くするために剪定しています。
(夏は風通しを一番に考えます)
そしてもの凄い数のシュートが出ているので 古い枝を切ってシュートを育てるためです。

そのバラの状態を見ながらするので 今年 花後の剪定をしたのは 群星とヘリテイジ、 ウエディングディ、 ゼフィリン・ドルーアン、 そしてマダム・アルフレッド・キャリエール・・・だけです。
この5本のつるバラは 花が密集して咲いて枝が込み合って大変でした。
蒸れないよう そして病気を防ぐためにも剪定しました。
私はセオリーにないことをしているみたいなので どのお庭のバラでも大丈夫・・・とは言えないかもしれませんが ご理解くださいね。

群星の剪定の量は今年は半端じゃありませんでした。
冬と同じぐらい切ったかも・・・・・
さて 来年 どうなるのか・・・・・

e0154682_23404100.jpg
剪定しながら・・・・・
そうだ! 
一度群星の『実』が見てみたいな~
・・・・と思って 少しだけ花がらを残しました。
秋になったら どんな実になるんでしょう・・・・・
可愛いオレンジ色が見れるかな・・・・・
楽しみです。

でも・・・・今も可愛いオレンジ色がありました。
テントウムシの赤ちゃんです。
赤ちゃんたちはじっとしています。

e0154682_23405710.jpg
でも 赤いのや黒いのや もう動き回ってるテントウムシもいっぱい・・・・・・・
嬉しい!
いっぱいご馳走探して食べてね。

e0154682_2340398.jpg
このドドナエアにも 赤ちゃんを見つけました。
プロペラです。
ドドナエアの種坊が この薄い膜のようなものに覆われてついています。
このプロペラを一つ上の方から落とすと クルクル・・・・・回って綺麗に落ちていきます。
風に運ばれて どこかへ飛んで そこでまた芽を出すんですね。

私は松ぼっくりのプロペラでよく遊びますが(今も) 松ぼっくりは2枚羽です。
このドドナエアは3枚羽。
1つの種坊を3枚の羽根で守っています。

ちなみに 松ぼっくりが雨の日にカサを閉じるのは このプロペラを守るためでしょうね。

植物の種類によって 違うんですね。
でも 種を残すために 生き残るために備わった知恵(?)・・・DNA・・・なんでしょうね。


こんな楽しい発見があるから庭にいるのが大好きです。





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2013-06-04 23:29 | ★ガーデニング | Comments(0)
<< ◆『ボストン美術館』展・・・1... ◆白い! >>