◆つるバラの剪定と誘引

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_23284377.jpg


やっと裏庭の西側の誘引が終わりました。
右の入り口のひさしの上には 
右の方からアイスバーグと花壇から垂直に伸びたバロン・ジロー・ドゥ・ランが
絡み合って枝垂れるように・・。
花壇中央はコンスタンススプライ。
白い窓辺にはそのコンスタンスとスノーグース。
左の板塀のほうへはコンスタンス・・・
左からはウエデイングディが伸びてきます。
板塀には 細い桟でコンスタンスの受けを作りました。

この辺りはゴチャゴチャで 先々週のクロモチの工事のあとをまだ引きずっています・・(大汗)

コンスタンスはまだ2~3本長い枝を残していますが ほとんど終了です。

コンスタンスぐらいの大きなつるバラになると
剪定には2日か3日・・・
1日目は バッサリ株元からのこぎりで切ったり 枯れた枝 昨年の枝などを切り
迷った枝は切らずに残します。
2日目は誘引を考えて枝を切り大まかに束ね 1日目に迷った枝を切るか残すかします
それでも迷ったら また残します。

つるバラは3年目のシュートが出た枝は株元から切る・・・とどこかに書かれていました
それを考えながら剪定していくと 
はじめのころは新しいべーサルシュートもよく出ていましたが
だんだん切る位置が上の方になっていくと花つきも上へ上へとなっていきます(汗)
確実に花が咲く枝をバッサリ切る勇気・・・・
バラが大きくなるほどその勇気が・・・・ね・・・



e0154682_23280788.jpg


剪定後は 誘引する方向に分けて枝を束ね 
一束づつほどきながら誘引していきます。
写真は群星ですが 屋根と アーチと アーチの後ろの3方向へ分けておきます。
誘引しながら 最後の剪定をします。

誘引も 1日目は大まかに結わえ 
2日目に何度も脚立から降りて修全体を見ながら修正して止めていきます。
枝先は余裕があるときは 少しま~るく誘引します。

合計5日かかりますが いくつものつるバラを掛け持ちしながら剪定していくので
庭はそこらじゅう足の踏み場もなくなるほど・・・・・になります。

・・・で これだけ丁寧にしている(ようにみえる・・・)のに
来年の剪定の時に 去年この枝を切らなかったから・・・と思うことがよくあって
本当に毎年毎年ドキッとすることばかりです。
花の摘む時期 夏の暑さや蒸れ 水やり 虫の被害・・・・ 
いろんな条件で生育も変わってくるので試行錯誤の繰り返しです。




e0154682_23275078.jpg


私がつるバラを初めて買った時に読んだ本が 
村田晴夫さんの『つるバラの庭』入門編と応用編でした。
もう何度も読み返しているので どこに何が書かれてるか覚えてるほど 
私のバイブルになりました。
そこには 剪定は一時にしないで何回かに分けてしたほうがいい結果が得られる・・
と書かれています。
だから迷ったら切らない・・・・が 私のつるバラの剪定の基本です。

この本を読んで つるバラで風景を作れるんだ・・・と思いました。
つるバラは面を構成するんだと・・・

なので誘引が楽しい・・・
今年はどんな風景にしようか・・・・と思い描き
思い描いた通りに咲いてくれた時の嬉しさ・・・
思い描いた通りにならなくても
咲いてくれたことだけで嬉しいと思えます。

e0154682_23285981.jpg


木バラに比べると本当につるバラは手間がかかるけれど
それだけの魅力がありますね~
でも・・・
歳を取ると 高い脚立に乗っての作業はきついですね・・・
毎年 低く仕立てようと思うんですが
バラはどんどん伸びるのよね・・・

さあ~裏庭の東側 それにフロントガーデンも早く剪定しなければ・・・(大汗)








いつも見ていただいてありがとうございます。 ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2014-01-27 23:44 | ★ガーデニング | Comments(2)
Commented by PreciousRoses at 2014-01-28 07:34
soleilさん、おはようございます。

つるばらの剪定・誘引お疲れ様です。
私も村田晴夫さんの『つるバラの庭』入門編と応用編は持っています。
つるばらの魅力と、楽しみ方は、この本から得たように思っています。

春にはsoleilさんのお手間と愛情に応えてきっときれいに
咲いてくれますね。薔薇の季節本当に楽しみです。

rose
Commented by soleil-gardener at 2014-01-29 00:30
こんばんわ。 PreciousRoses さん!

つるバラの剪定誘引はやっぱり疲れますね~^^
まだまだあるというのに・・・
村田さんの本は ほんとバイブルですね。
折に触れ読んでいます。
これを読むと なんだかバラを育てるテンション高くなりますね。
それにしても 毎年この季節は悩みが多いです。

PreciousRoses さんのブログ いつも拝見しています。
読み逃げでごめんなさい。
バラが本当に生き生きと写っていて うっとりしてしまいます。
「Bella Donna」も育ててみたくなりました。

バラの季節 早く来てほしいです!!

またお邪魔しますね~♪
<< ◆フロントガーデンのバラたち ◆作品20・・『聞こえる・・?』 >>