◆女子会・・・丸亀へ

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_14513487.jpg



お天気の良かった一昨日から 
恒例になった友人たちとの女子会で丸亀へ行っていました。

久しぶりの快晴・・それに気温が上がったからか
霧で明石大橋が真っ白・・・海も見えないぐらいで・・
何度も通っている橋ですが こんなの初めてでした。
でも通行止めが解除されて無事丸亀へ到着しました。


丸亀から金比羅さんへ行ったり・・・・

この老舗の『虎屋』で讃岐うどんを食べたり・・

e0154682_14500925.jpg



このお店も何度か来ていますが
いつも昔懐かしい雰囲気。

壁に掛けられたいろんな名前が書かれた札は
昔 旅館をしていたころの常連客の名前で
そのお客様が来られた時に表に掛ける札だったそうです。




e0154682_14564717.jpg



金比羅さんに登ったり・・・

何百段・・・だったのかな・・?
金比羅さんも 来るたびに石段を登るスピードが落ちてきました(悲)

石段を登っている時 振り向いて下を見下ろすのって気持ちがいいです。

この辺りは もう少ししたら桜が綺麗です。






そして・・
丸亀に来たら『猪熊弦一郎現代美術館』は外せません。



e0154682_17224819.jpg

e0154682_14493919.jpg



この美術館はJR丸亀駅のすぐ前にあってとっても便利です。
こんなにアクセスのいい美術館はほかにないかも・・・



e0154682_15183749.jpg


この日は館前にある作品で遊ぶ子ども連れのファミリーもいらして
楽しそうでいいな~・・って・・


きっと猪熊弦一郎はたくさんの子どのたちに遊んでほしくて
カラフルな作品をいくつも設置したんだろうな・・と思いました。




e0154682_14593786.jpg



猪熊弦一郎(1902-1993)19歳の自画像です。

猪熊弦一郎は高松で生まれて今の東京芸術大学へ進みます。
ちょうど小磯良平や脇田和たちと同じ時代に活躍しますが
50歳代頃にはニューヨークに住み活動していきます。

具象的な絵からマチスに影響を受けたり抽象的になったり・・
人生の節目 生活拠点の変化などで
どんどん画風が変わったいった画家です。
(三越デパートの 白にローズ色の包装紙のデザインも手掛けています)

一つの型にはまらずに
常に新しいものを求めて変化していく作品を見ているのは本当に楽しい。





e0154682_14592413.jpg




ニューヨークの道路や信号などを見て単純化して線や丸の表現を始めた・・
と何かで読んだことがありますが
見ていて本当に面白いです。




e0154682_14495232.jpg



作品と同じように 猪熊が身近に置いていたもの 
愛用していたものも展示されていました。

絵を描いていて ちょっとひと休みしたとき 
針金でラムネの包装紙のようなセロファンをぐるぐる巻いて作ったり・・
お薬の入れ物(ピュッと押して出した殻)に赤とブルーの色を塗ってたり・・
なんだか無邪気で可愛くて・・・楽しい。

きっと猪熊弦一郎の心はいつも真っ白だったのかもしれない・・


お気に入りの美術館です。






温泉に入っておしゃべり・・・
夕食を食べてはおしゃべり・・・
寝る前には恒例の「ババヌキ」・・・

夜が更けるのも忘れて・・・
何故かひたすら あつ~くババヌキ・・


でも・・
翌朝 5時に起きて温泉に入っていた友人もいました。
元気~~~!

お土産は「讃岐うどん」
丸亀の「一鶴の骨付き鳥」
地酒
しょうゆ豆
淡路島の「玉ねぎスープ」




でも香川から帰ってた今日はまた雨・・・
う~~ん(困)

庭の子たちは みんなモリモリ元気になってグングン伸びています。
嬉しいけれど・・
ちょっと待って・・ちょっと待って・・
 












いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2015-03-19 15:55 | ★おでかけ | Comments(0)
<< ◆クリスマスローズ満開! ◆ホッと!! >>