◆竹生島へ・・琵琶湖の旅

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります


e0154682_16053332.jpg



スッキリと晴れ渡った昨日 高校の同窓会の春の遠足(笑)で
滋賀県琵琶湖の竹生島(ちくぶじま)へ行ってきました。

こんもりした島・・・可愛い島です。

私は初めてでしたが
今度の遠足は「竹生島」・・・と聞いたとき
好きな日本画家「水越松南(みずこししょうなん)」の作品を思い浮かべました。



e0154682_16052295.jpg


水越松南「竹生島」

水越松南は神戸出身の画家ですが京都で日本画を学び
のちに南画に転向しますが
その作品は 明るくて楽しくて・・ジャンコクトーなどに賞賛されたほど
世界でも評価される画家でした。

私は 日本画・・と言うとちょっと苦手意識がありますが
水越松南の作品を見ていると・・・
花鳥風月の日本画に見られない自由で個性的 
そして明るい生命感が感じられて大好きになりました。

そんな松南の「竹生島」は琵琶湖に浮かぶ小さな島・・・
信仰の島を描いています。

なだらかな琵琶湖の周辺の山や海、島を
ブルーや濃い群青の美しい色合いで描かれていて一体感があります。
アジサイが描かれているので ちょうど今ごろの時期でしょうか・・。
柔らかな線でふんわりと・・・
神の住む神秘的な感じを描こうとしたのかわかりませんが
なぜか楽しさを感じてしまいます。

島の中央に書かれた急な階段や鳥居・・・・そのままでした。








e0154682_16055743.jpg



朝 8時45分の新快速でJR近江今津へ・・
そこから竹生島まで船に乗りました。

昨日は「春の関西1デイパス」(3600円)を使ったので
乗船券も割安でした。
(高校時代 鉄道研究部の男子は
今でも鉄道関係のいろんな情報をよく知っています)



e0154682_16061788.jpg



気持ちいい~~
湖の風は心地よくて はるかに見える山並みや街を眺めながら
30分ほどで竹生島に到着




e0154682_16322538.jpg



島に近づくにつれ山の中腹へ続く急な階段や赤い鳥居、本堂が見えました。
松南の絵だ~・・

やっぱり・・・登るのね~




e0154682_16314583.jpg



本当に急な階段でした!!
途中で止まると もう登れない気がして…ひたすら上り続けました(大汗)
・・と言っても10分ぐらいですが・・
(金比羅さんを思えば・・・楽勝)


周囲2kほどの小さな島なのに立派なお寺があることにびっくりです。
724年に行基が開いたお寺「宝厳寺」
弁財天が祀られています。



e0154682_16315972.jpg



宝厳寺ではダルマに願い事を書いてクルクルっと巻いて中に入れて奉納すると
願い事が叶うんだそうです。(左下)


舟廊下と言って30mほど続く 舟櫓を使って作られた廊下・・・
雰囲気ありました(左上)

行きも急坂・・もちろん帰りも急!!
(上中央)

都久夫須麻(つくぶすま)神社のすぐ前にはかわらけ投げがあって
2枚のかわらけの1枚には名前を もう1枚には願い事を書いて
名前の方から鳥居へ投げます。
鳥居の間を通ると願い事が叶うんだそうです。(右下)
もちろん・・・・
コントロール皆無の私の願い事は叶えてもらえそうにありませ~~ん(悲)



e0154682_17092012.jpg



船着き場にはお土産屋さんがありますがお食事できるお店はないみたいです。

「とうふソフトクリーム」・・・の看板にひかれて・・・
美味しかった~!!


竹生島を後に船で長浜へ向かいました。
30分ほどで到着!




e0154682_17093517.jpg



昼食は長浜の郷土料理「焼鯖そうめん」と「焼鯖寿司」を
翼果楼(よかろう)でいただきました。
長浜ではお祭りの日のごちそうだそうです。

焼鯖をじっくり甘辛く炊いて その煮汁で素麺を煮たのが焼鯖そうめんで
香ばしい鯖は骨まで軟らかくて美味しかったです。
お素麺は温かいにゅうめんですがおつゆがないのにびっくり・・・





e0154682_17110474.jpg


さて 長浜の街と言えば黒壁で有名。 
もう20年ほど前に訪れた時と比べると
今ではいろんな観光スポットができていました




e0154682_17122294.jpg


黒壁はガラス館なので庇から丸いガラス玉がつられて楽しい!






e0154682_17094239.jpg



昨日は「長浜浪漫パスポート」(1000円)という 
指定観光スポット15施設の中から
5施設を選んで見学できるパスポートで周りました。

まず「北国街道 安藤家」へ

安藤家は室町時代からこの長浜に移り住んだ旧家で
この建物は明治から大正にかけて建て替えられたものだそうです。
この建物は長浜を代表する近代和風建築で
装飾を北大路魯山人が手掛けたことでも知られています。


e0154682_20110413.jpg


魯山人がデザインした離れの「小蘭亭」はモダンなので入りたかったんですが
特別公開の日だけで昨日は見れませんでした。
(雨戸が閉まっていました)



e0154682_20000695.jpg


呉服と書かれた安藤家の看板・・・2m以上ある一枚板に彫られた篆刻看板も
魯山人が手掛けたそうです。
ダイナミック・・・



e0154682_20010932.jpg



虫籠窓や紅殻格子・・・


呉服屋を営む近江商人の屋敷で庭園も綺麗でした。
廊下から庭への開口部の広さに(柱が少ない)びっくりでした。
美しい庭が遮られるのものなく眺められます。

近江商人は神仏への信仰が厚くて道徳を重んじたそうです。
なので各商家ごとに家訓で代々伝えられ神社仏閣に寄進したり
地域の行事に貢献したそうです。




e0154682_17095899.jpg



「フィギアミュージアム」

恐竜やネイチャー、ヒーローやロボットをかたどったフィギュアや
グリコのおまけなどのおもちゃなどが展示されています。

ジェラシックパークに登場した トリケラトプスも展示されていました(右上)




e0154682_17115373.jpg



「曳山博物館」

毎年4月15日に開催される長浜曳山まつりに使われる曳山が展示されています。
それはそれは豪華絢爛で・・
 12基ある曳山はそれぞれの地区で管理されているそうですが
そのメンテナンスの費用が大変だそうです。

この博物館には2基展示されていました。

曳山の上では子供歌舞伎が演じられるとか・・・
やっぱり男子だけ・・・だそうです。

漆塗りで装飾も豪華 TOPには金の鳳凰が飾られていたり・・・
数億・・・・・するそうです!
さすが・・近江商人の心意気なんでしょうか・・・
地域へ貢献するんですね。
館のスタッフの方の説明が楽しくてお上手で とてもよくわかりました。
一見の価値があります。


・・・・

・・・ずいぶん歩いたね~・・とお茶しましたが・・
もう動けませ~ん!





e0154682_17090496.jpg



しっとりした街並みや賑やかな通りを歩いたり・・・




e0154682_20124183.jpg



北国街道沿いの古い町並みを歩いたり・・・



e0154682_20132125.jpg


雰囲気ありました・・・


古い街並みを生かした街つくりがどんどん進んでいるのを感じました。





竹生島・・・神の住む島・・・パワースポットと言われていますが
急階段を登って一回りりしたら
船の時間があるのでまた急階段を下りないと・・・
階段で体力を使い果たすと
神性な気持ちになかなかなれなくて・・・



私は一日のうち どの時間に眺めたら
水越松南の感じた竹生島を見れるんだろ~・・と 
島から離れる船の上で思いました。




楽しい遠足!
また気兼ねのない仲間たちで行きたい♪












いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2015-06-08 19:11 | ★おでかけ | Comments(2)
Commented by haruki-fujino at 2015-06-08 21:55
Harry
Soleilさんにかかると、素晴らしい遠足になりましたね。
感心カンシーン!!
Commented by soleil-gardener at 2015-06-09 23:58
こんばんわ!fujinoさん

楽しかったですね~♪
いろいろありがとうございました。
竹生島・・・船の時間がなければもうちょっとゆっくりしたかったですね。
かわらけ・・・もう一回挑戦したかったし・・
また企画してくださいね。
お疲れさまでした♪
<< ◆ジューンベリーのジャムつくり ◆ホリホックと寄せ植え >>