◆石灰硫黄合剤

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22380540.jpg
昨日摘んだアブラハムダービー・・・

オレンジ色が濃くて 本当に綺麗です。

どっちかというと 5月もこの色合いで咲いてくれたら嬉しいのに・・・

冷たい夜を過ごしていたのに 
急に暖かいリビングに入ってびっくりでしょうね。
蕾は赤に近いオレンジ色です。

その中にフンワリピンク色は ヘリテイジです。

バラを切って生けるのは久しぶりですが やっぱり優雅でいいな・・・♪




e0154682_22400982.jpg


フロントガーデンのバラはすべて剪定できたので
今日は石灰硫黄合剤を撒きました。

この作業はエイヤッ・・・と 気合を入れないとなかなか取り掛かれません。

普段は薬剤を撒かないので 1年で1度のことですが
私は 体中に薬剤が付くようで好きではありません。
現に 撒き終わると体から硫黄の臭いがして・・・
終るとすぐにお風呂に飛び込みます。

でも・・・
撒くからには徹底的に撒きます。

大きなツルばら8本、シュラブ2本、ブッシュ4本・・・
14本を2時間かけて巻きました。


e0154682_22384115.jpg


10倍希釈で2.5Lほど巻きました。
あまり拡散しないようにハンドスプレーで撒いていますが
途中で沈殿するんでしょうね・・・よく詰まって出なくなります。
市販のスプレーは詰まるので
リセッシュ・・のような消臭スプレーの容器を使ってみたら
これがなかなか詰まらずに優れものでした。
なので 消臭スプレーは使い終わっても捨てないように残しています。

そのスプレー容器で石灰硫黄合剤の希釈液をポタポタ垂れるぐらい
枝があとで白くなるぐらい撒きます。

剪定して枝を纏めているのは 石灰硫黄合剤を撒きやすくするためもあります。

初めのつるバラ2本はダイン(展着剤)を入れるのを忘れていたので
再度撒きました。

石灰硫黄合剤を撒くと 周りが石灰分で白くなったり
鉄が錆びたりするので 準備と後始末が厄介です。

2~3本撒くごとに 水でタイルに落ちた黄色い液を流すようにしています。


・・・・でも この大変さを補って余りあるほどの効果があると私は信じていて
バラを育ててから毎年欠かさずこの薬剤だけは撒いています。
(実際はどうか分からないんですけどね・・・)


さぁ・・・これでやっと誘引ができます。






いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-01-13 00:17 | ★ガーデニング | Comments(0)
<< ◆楽しい週末! ◆鳥かご作り♪ >>