◆バラの公園の剪定

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります


e0154682_21563987.jpg
今日は午前中 暖かなお天気だったので 
ゼフィリン・ドルーアンの誘引をしていました。
でも 午後から冷たい雨が降りだして 
嵐のように激しい吹き降りになりました。
また 明日は荒れたお天気になるようです。


さて 先週末次男宅へ行った時 近くのバラの公園に行ってきました。


昨年5月に訪れた時は バラが溢れるように咲いてそれはそれは綺麗でした。
 大きな森に囲まれた公園は 自然の中で大人も子どもも楽しめるように
きちんと整備された 羨ましいほどの公園でした。
我が家の近くにこんな公園があったらいいのにな~~
毎日でも通いたい・・・とも思えるほどでした。

さてさて・・・バラの剪定はどんなだろう・・・・興味津々!



上の写真・・・
ガゼボの近くのピンクのバラは「ローゼンドルフ シュパリースホップ(CL)」

e0154682_23414624.jpg
冬はこんな感じです。
葉っぱもそのままで まだ剪定されてないようでした。

スタッフの方にあとでお話を伺えたんですが
つるバラは無理に葉っぱを落とさない時もあるそうです。
そして このバラは 大木の下で日当たりが悪くあまり伸びないので 
大きく剪定しないんだそうです。

e0154682_23415960.jpg


そういえば あまりシュートも出ていなくて・・・

でも 花は 上の写真のようにヒラヒラとても綺麗で
枝垂れるようによく咲いていました。




e0154682_22092282.jpg

これもガゼボの近くの「スワニー」

小さな白い花でよく咲いていました。


e0154682_23324356.jpg

今の状態・・・

ここもまだ剪定されてないそうです。

花がらを摘んだ跡があって シュートもよく出ています。
このバラはシュラブですが こんな修景バラの剪定を見たかった~・・・
我が家の群星と同じ感じのバラです。
やっぱり葉っぱは落とさないのかしら・・・




e0154682_22311717.jpg

ガゼボは階段の上にあって 階段の下から眺めると
うっとりするほどの素敵な景色でした。

左のバラはシュラブやランブラーなど 細い枝のバラが多く
奥のバラは木立性のバラでした。



奥に見えている黄色いバラはとても綺麗で・・・

e0154682_23463446.jpg

「サプライズ(FL)」というバラ・・・
平咲きの 花びらのヒラヒラした雰囲気が素敵でした。




e0154682_23333702.jpg


今はこんな感じです。

私が一番見たかった剪定は・・・

e0154682_23320929.jpg


このバラの剪定でした。

e0154682_23460997.jpg


「ラブリー・メイアン(S)」

本当にラブリーで うっとりするほどでした。

どうしたらこんなに咲いてくれるんだろ・・・・


e0154682_23374629.jpg


これが今のラブリーメイアンです。

花がらを摘んであるだけで まだ剪定されていませんでした。
ショック!
細い枝がいっぱい・・・
どうするんだろ~・・・
細い枝を残すのか
少し太い部分で切るのか・・・

スタッフの方に伺うと
この階段のバラはまだ剪定されていなくて
バラによって 次の年の枝も考えながらケースバイケースで剪定する・・・
ということでした。
それはそうですよね・・・
でもやはり 細い枝先は残してそれほど強くは剪定されないんだそうです。


e0154682_23304666.jpg


こっちの花壇は木立性のバラがほとんどですが
ここは剪定されていました。



e0154682_23391464.jpg


今の様子です。



e0154682_23382397.jpg


もう 潔いほどの切り方です。
高さは1/2以下でした。



e0154682_23393523.jpg


同じ種類のバラは剪定の高さも揃えてありました。


e0154682_23395294.jpg


このバラの剪定を見て 
あ~~~もっと切らないと!・・と思いました。
私の剪定の甘さを思いました。


このバラ もう年数がたっているのによくシュートが出ています。
新しいシュートの殆どが 
古い枝から10~20cmのところで切ってありました。
そして 枝先がぶつからないよう剪定されていました。

このバラも5~6本ありましたが 全て高さが揃えられていました。

それにマルチングもしっかりされています。



e0154682_23403145.jpg


そして もう1本 剪定を見たかったのがアイスバーグ・・・
ツルではなくフロリバンダのアイスバーグですが
なんと・・・これだけまだ剪定されていませんでした(涙)

スタッフの方が・・・
あ~・・・あれっ・・!
これから剪定するんですよ。
このバラはあまり切らないように申し送りされているので
少ししか切りません。



e0154682_23302347.jpg


これが5月のころの株元です。
相当年数がたっていて 我が家のアイスバーグとよく似た感じです。

・・・なので どこを切るの?
‣・・見たかった~!

左のシュート・・・5月に出たばかりのものでしたが・・・

e0154682_23401143.jpg


これが今の様子です。

上の新しいシュートは4~50cmのところで切ってありました。
枝もまだ込み入っているけれど 
古い枝が多いのであまり切れないんでしょうか?


スタッフの方の話を伺っていて
公園のバラ 1本1本それぞれの事情をご存じで 
育て方も画一的ではないんだと改めて思いました。

肥料も年5~6回あげるそうで・・・あ~忙しい!・・・
殺虫剤も撒かないとダメですよ・・・
葉っぱが命です・・ということでした。



e0154682_23462354.jpg


これもシュラブの「レットメディランド」
綺麗でした~♪



e0154682_23471939.jpg


「ブルーライト(HT)」


e0154682_23464317.jpg


「ギィ・ドゥ・モーパッサン(FL)」


あ~~綺麗なバラがいっぱいでした。
私は バラだけが並んでいるバラ園ってあまり好きではないんですが
このバラ園は 大きな木々に囲まれて自然の中でのびのび咲いてる感じで
笑顔のバラたちでした。

また見たいな・・・


e0154682_23305729.jpg

いろいろ見たくて・・・
ウロウロしていたら・・・
あたりはすっかり暮れていました。

木立ちが綺麗!

後ろ髪引かれながら孫たちが待つ家に戻りました。








いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-01-20 23:39 | ★ガーデニング | Comments(0)
<< ◆モッコウバラの剪定 ◆初ランチは和食!・・川西『廣』 >>