2017年 05月 28日 ( 1 )

◆『ローザンベリー多和田』&『びわ湖大津館』へ・・


人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります
e0154682_23021651.jpg


気持ちいい~~・・・
大きな木々に包まれるような・・・
吹き渡る風が優しい香りを運んでくるような・・・
それはそれは心地いい空間でした。

滋賀県米原市にある『ローザンベリー多和田』へ行ってきました。


旦那さんが一人・・・ポツン・・と・・・



e0154682_15330598.jpg

この風景・・・どこかで見たことがあるような・・・
雑誌で見たんでしょうか?

10時開園って知らなかったけれど
家から2時間弱でちょうどその時間に到着して
まだ人影のない庭を見ることができました。


大きなメタセコイアでしょうか・・・
立ち並ぶ大きな木々がこの空間を作り上げています。
静寂と 
バラたちの華やかな舞台の始まりを感じさせる
何とも言えない魅力的な空間。


この左が庭園の入り口です。

お昼ごろには ここはたくさんの人で溢れていました。


e0154682_15423093.jpg

特にこの白い建物が素敵でした。
緑の木々や赤いバラ・・・ため息が出そうでした。



e0154682_15524206.jpg


赤いバラはERのバラ ベンジャミン・ブリテン

ネームプレートが付けられていてとっても親切!



e0154682_23032141.jpg


このアイアンのゲートから庭が始まります。




e0154682_23033833.jpg


正面に小さな素焼きの水鳥の小屋があって・・
ここから左右に道が分かれています。

右に行くと
庭の外周をグル~と回って桜とバラの道やコニファーガーデンへと続きます。



e0154682_23040466.jpg


左に行くと池や宿根草の庭に続きます。



e0154682_23035213.jpg


小さなガゼボ・・・
スパニッシュビューテイが咲いていました。
早咲きのバラだから5月すぐに咲きだしますうが
気温が低いんですね。

でもオルラヤは満開です。
我庭でスパニッシュとオルラヤが一緒に咲くことはないんですけど・・・?
いいな~・・・



e0154682_15582737.jpg


そばに咲いていたジャクリーヌ・ドゥ・プレ
美しい! 花が大きい!
私は枯らしてしまって・・・💦  もう一度欲しいな・・・



e0154682_23043206.jpg


池のほとりにはレンガのアーチがあって
今年我庭に植えたジャスミーナもありました。
・・・がまだ固い蕾でした。
ブルーのベンチはアクセントになりますね~。



e0154682_23042069.jpg


そしてテーブルと椅子が・・・
ここに座って景色を眺めると ホッとします。
いい気持でした。



e0154682_23350857.jpg


そして奥に進むとキッチンガーデンとローズガーデンがあります。

ぐる~と石積みの塀でした。



e0154682_23303127.jpg


バラたち・・・綺麗でした!
感激!


e0154682_16210939.jpg

でもみんな低く咲いていて・・・
普通の木バラよりも背が低いんです。
ちょっとびっくりでしたが でも一つ一つの花が大きく
それに花付もよかった。





e0154682_16155700.jpg

実は花友さんの紹介で 
このお庭を管理されているヒデさんとお話することができました。
左の男性がヒデさんです。

このローザンベリーは 
セメント会社の跡地だった場所に庭を作ったんだそうで
大きな木々を残して自然をよりそのままの形で取り入れていったんだそうです。

そして・・・バラのことも伺いました。
・・・で もう驚きの剪定方法でした!




e0154682_16540574.jpg

冬に このローズガーデンのバラは とにかく刈りばさみで 
地面から30cm程に切り詰めるんだそうです。
え~~~!

それから1本1本芽を見ながら丁寧に切るそうです。
なので剪定後はみんな30cm以下の高さなんだそうです。


e0154682_16534708.jpg
びっくりしましたが そう言われてよく見ると
なるほど そのあたりからのシュートで咲いています。

「見せる」剪定方法なんだ・・と思いました。
低く抑えて花付をよくして 
遠くもよく見えるように・・・広がりを感じさせる・・・
私も このローズガーデンに入った時 
全てのバラが見渡せて色とりどりの美しさを感じました。




e0154682_16485995.jpg

これはレデイ・エマハミルトン
低く咲くと こんなふうに遠くの風景も綺麗に見えます。


今まで
園芸書に書かれているセオリー通りに剪定しないといけない・・と
感じていました。
そうでないと咲いてくれないかのように感じていました。

以前 私がツルバラを6月に剪定する・・とお話ししたあるナーサリーでは
「とんでもない・・」と反対されたことがありました。

でも もともとバラは強い植物だから
どんな剪定方法でも 元気に育てていれば必ず咲くはずで
ヒデさんのように バラのことに精通されている方のお話を伺うと
なるほどと頷けました。
経験と実績から得たお話なのですごくよく分かって
とても勉強になりました。

どんな見せ方をするかで 剪定方法を変えてもいいのだと・・・
私も今年は何本かTRYしてみようと思います。



e0154682_16544690.jpg
でも塀の周りを囲むつるバラの剪定は セオリー通りだそうです。

これはガートルードジェキル

たわわに咲いて綺麗!

でもツルバラも塀の高さ・・・7~80cm・・に誘引されていて
オベリスクのようなニョキッと高いものがありませんでした。


e0154682_23394971.jpg
バラは本当に綺麗!
ため息です。


バラを育てる上で大事なことが・・・
①消毒だそうです。
・・・・・💦・・💦
(全くしてない・・・💦)
②冬の根切り
そこに肥料を入れます。
③肥料はそれほどこだわらなくても・・・
と言うことでした。
ヒデさんは 
骨粉、油粕、よう燐を2:2:1で配合してあげてるんだそうです。

他にもいろんなお話を伺えて・・・よかった~♪

花友のKさん ありがとうございました♪




e0154682_23442494.jpg

バラたちが低く咲くので このドラゴンがどこからでもよく見えます。

このドラゴンは ローズガーデンの守り神のような存在で
ちょっと左の方を向いていますが・・・

e0154682_23363187.jpg

その目線の先には 子どものドラゴン・・・・
見守ってるんだそうです。

なんだか心憎い演出です。

この石積み・・・ドライストーンウォーリングと言って
専門の資格を持った職人さんが モルタルも使わず
ただ石を積んでいくんだそうです。

凄いな~~・・・綺麗。



e0154682_17223445.jpg

ローズガーデンとキッチンガーデンを分けるのは
コーネリアのゲートです。



e0154682_23342319.jpg

チャイブが可愛い・・・


e0154682_00143723.jpg

キッチンガーデンの柵
いい雰囲気。


e0154682_00094587.jpg

その柵のバラ・・・
この絞りのバラ ニューイマジンでした。
こんなにもコントラストが強いのに大きな自然の中では可愛い。
我庭だと目立って困るでしょうね・・・

でも綺麗なバラ・・・



e0154682_23375577.jpg

キッチンガーデンのそばには可愛い小屋・・・
でもこれはトイレです。




e0154682_23593657.jpg

ローザンベリーの入り口には ショップやレストランやカフェがあります。

「大地のレストラン」でバイキングのランチをいただきました。
旬の野菜がいっぱいのメニューは嬉しい・・・
それにとっても美味しかったです。



e0154682_00012196.jpg

ガーデンショップも苗などいろいろありました。

この大きなリース 面白いですよね。
小さなハウスがつるされてるだけなのに
壁の色が濃い色なので すっごくアクセントになって素敵でした。

ショップの壁にはスコップが・・・




e0154682_23365360.jpg

そのショップで見たバラ・・・心惹かれて・・・しばらくじっと見る!

デルバールのポール・セザンヌでした。

あまりの華やかさに・・・ちょっと迷う・・・
フレンチローズってちょっと苦手で・・・もっと迷う!

う~~ん・・・


e0154682_17453207.jpg

この右のアーチのバラは 
先日お邪魔した猪名川町のSさんのフェンスにあったフェリスバイト
やっぱりいい雰囲気・・・紺色のアーチによく合います。

左のバラはロココ
これもやっぱりいいですね~・・・
白い壁に這わせると雰囲気があります。



e0154682_17454745.jpg

花友のKさんに
・・・今 旬ですよ!
・・・って紹介していただいたローザンベリー。

楽しかった~・・・♪
きっと一日いても飽きないです。



e0154682_17553140.jpg

BBQができたり 羊がいたり 芝の広場があったり・・・
もうすぐ電気機関車が走るるんだそうです。
手作りの体験工房があったり ピザが焼けたり・・・
いろんな楽しい施設があって
子ども連れでも一日楽しめるようになっています。


e0154682_16304648.jpg

ぶどうの棚のある高台から見渡したローザンベリー
山の中のオアシスですね。



その後 山を下りてびわ湖まできました。



e0154682_22354224.jpg
びわ湖の畔にある『びわ湖大津館』です。
ここも花友のHさんからの情報で来てみました。

池に柳 そして太鼓橋・・・水連が咲いていました。

e0154682_22362100.jpg
びわ湖の畔で 周りにはビル・・・なので
ローザンベリーとは景色が違います。

でも 京阪園芸の小山内さんが手掛けられたそうで
いろんなゾーンに分かれて150種類のバラが綺麗に咲いていました。



e0154682_22372248.jpg
このニセアカシア フリーシアは 本当に大きくて綺麗で
ポイントになっていました。

このニセアカシア・・・
蓼科のバラクライングリッシュガーデンの入り口にありますが
あまりの綺麗さに庭に植えようと思ったのですが
恐ろしい大木になるよ・・と植木屋さんに反対されてやめたんですが
やめてよかったみたい・・・
でも・・・この葉色と姿 本当に綺麗です。



e0154682_22414358.jpg


e0154682_22431436.jpg
ちょっと丘の上の方から眺めたびわ湖・・・
ヨットが浮かんで のんびり広々した風景です。



e0154682_22415450.jpg
音楽家や俳優などの名前のバラがありましたが
画家の名前のバラもありました。
左から クロード・モネ、マルク・シャガール、モーリス・ユトリロ
ほかにもありましたが み~~んな絞りでした。
私が迷ったセザンヌも絞り・・・どうしてだろ~・・?




e0154682_23172394.jpg
コンスタンススプライとヴィオレットの組み合わせ・・・
好きだな~・・・と思って見ていましたが
きっと我が家の地域では同時には咲かないだろうな~・・・


e0154682_22445137.jpg
ノットガーデン
ノットは「結び目」のことで 
ツゲなどを刈り込んで点対称の綺麗な形になっていました。
このシャープな線 綺麗に直角に刈るのって大変なんでしょうね。



e0154682_22443171.jpg
この大津館はたくさんの人で賑わっていました。

関西でも素敵なお庭やバラが見れる場所が増えて嬉しいな・・・
その情報をいつも教えてくれる花友さんがいて
感謝感謝です。
そしていつも連れて行ってくれる旦那さんにも感謝です。

やっぱり木々や花に囲まれていると幸せ感じます。


『ローザンベリー多和田』
滋賀県米原市多和田605-10


『びわ湖大津館』
大津市柳が崎5-35


*長~くなりましたがお付き合いいただいて ありがとうございました💦



いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-05-28 23:55 | ★おでかけ | Comments(0)