<   2009年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

★植木鉢いろいろ・・・・・

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_21513658.jpg
今日も雨・・・のち曇り・・・・またまた・雨・・・・・庭の芝生に水がたまって 芝もアップアップしているようです。 雨が止んでも 今、庭に出ると泥んこ遊び状態だろうな~・・・とまたまた庭を眺めてばかり。
そんな時 ネットで頼んだ植木鉢が届きました。
園芸店やHCではなかなか思ったような鉢に出会わないのでネットで探すこともあります。
重たい鉢を玄関まで届けてくれるのも嬉しいし・・・お安いものも見つかります。
右側の筋が入った3つの鉢はは大中小のお揃いです。
e0154682_21563023.jpg
今回のお気に入りは この四角い鉢。 まあるい木の実かお花がレリーフのように浮き彫りにされています。
e0154682_21565545.jpg
これは手のついた籠の形です。
e0154682_21572266.jpg
これは葉っぱの模様がついた背の低い鉢です。なにを植えても合いそうで重宝しそうです。

e0154682_22371846.jpg
これは昨年末に届いた鉢で こんなデコラティブな鉢がほしかったけれど今回は見つかりませんでした。左右の丸いのと 四角いのはそれぞれセットになっています。
e0154682_21585283.jpg
グリーンだけの組み合わせにもよく合っていい雰囲気。

さあ~何を植えようかな~・・・・・・と思いめぐらしていると楽しいのですが なにしろこの雨続きでは届いた鉢も雨に濡れたままです。
by soleil-gardener | 2009-02-27 22:42 | ★ガーデニング | Comments(2)

★レックスベゴニアが咲きました

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22562960.jpg
今日も寒い一日でした。お昼からは陽がさしてきましたが まだ庭はビチャビチャで出れなくてガッカリ。
午前中は陶芸教室で 庭に置くハウスのオーナメントを作りました。
底辺が8×8cm高さ40cmほどの細長いハウスです。
高さを違えて3つほどおうちを作ろうと思っていますが ろくろを使う時と違って楽しい~。
ろくろに向かう時の緊張感が・・(緊張するんですよね)・・・なくて いろんな楽しいことを思い浮かべながら作れます。
写真は 冬の間部屋に置いているレックスベゴニア (多分「カストル」・・・だったと思うんですが・・・)が咲きました。
e0154682_2257255.jpg
このレックスベゴニアは 葉っぱの色が気に入って昨年買って帰りました。庭の花壇に置いていましたが 銅葉色がアクセントになっていい雰囲気でした。寒くなって部屋に入れましたが 黄緑色とえんじ色が混ざった葉っぱは 産毛が生えた感じの質感も面白いので葉っぱばかり気にしていて 花が咲くことをすっかり忘れていました。
e0154682_22582278.jpg
小さな淡いピンクの花です。

e0154682_22584620.jpg
まだたくさん蕾があって しばらく楽しめそうです。
by soleil-gardener | 2009-02-25 23:34 | ★ガーデニング | Comments(0)

★テルテルボウズ作ろ~

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります
e0154682_21163963.jpg
雨…のち曇り・・・のち小雨・・・・というぐずついた毎日です。
庭には なかなか出れなくて部屋から眺めていると あれこれとイメージが膨らんで庭あそびがしたくてたまらなくなります。
でも、早くキルトの作品作りを始めないといけなかったので ちょうどいいタイミング・・・・・・・・と、仕事部屋に入ったものの・・・・・う~~ん!
こっちはなかなかイメージがまとまらなくて 鉛筆と紙を前にため息です。
そのうち、仕事部屋の整理をし始め・・・・・・
1階の部屋に残してあった大量の布や刺しゅう糸 それに染料などなどを2階の仕事部屋に運び始め・・・・・・・
どこに何を置こうかと考え始め・・・・・・・
整理が下手なのでもう部屋中モノであふれかえってしまいました。
何をしようとしてたのかな~・・・と我に返り・・・・あ~ダメな私。
雨の日の過ごし方って結構へたかもしれません。

これは庭のパンジー・・・・フリフリパンジーはものすごい勢いで上に伸びています。
普通はこんもり横に這っていきますが このフリフリはとう立ちしたように背が高くなっていってます。
たくさんの花が咲いてとてもきれいだし 紫の白い縁取りパンジーもよく咲いています。
やはりここにもワイルドストロベリーを植えていますが・…・・・大丈夫かな~陽が当たらなくて育つでしょうか。
ワイルドストロベリーやイチゴの「とよのか」は子供が増えたので いろんなところに植えています。

e0154682_21172048.jpg
このフリフリパンジーもよく咲いています。
e0154682_21173547.jpg
淡いピンクに紫が混ざってクシュクシュした感じです。
水の上に油性のインクを垂らしてそれを紙に写すマーブリングだったか・・・・・墨流し・・・・・そんな雰囲気の花びらです。
e0154682_21175955.jpg
外の花壇に置いた割れた植木鉢に植えた這性ビオラです。ハナカンザシも咲いてきました。
雨の日 お花たちは大喜びですが 私は持て余し気味です。
by soleil-gardener | 2009-02-24 22:20 | ★ガーデニング | Comments(0)

★元気なパンジーたち

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_20212580.jpg
庭のパンジーたちが元気です。
紫とえんじ色のパンジーとピンクと濃ピンクのロべりア その間にワイルドストロベリーを植えています。
パンジーが1株で もうこんなにこんもり繁ってきたので ワイルドストロベリーは大丈夫でしょうか?
e0154682_20214215.jpg
これは籐のハンギングに黒いビニールを敷いて穴をあけ植え込んでいます。
・・・・で、いい感じになってきたのでアーチから吊り下げよ~・・・・・・と思ったのですが 重い!
土が重かったかしら・・・・・・・籐の入れ物が大きすぎたかしら・・・・・・困った~
私が作ったへなちょこアーチなので こんなに重いものを吊り下げるのは…・・・不安かも~!
籐なので吊り下げたほうが乾燥していいんですが・・・・・

e0154682_20221449.jpg
これは門に吊り下げている額縁型のハンギング。 土が少ないのですがよく咲いてくれています。右下のリシマキアが元気に伸びてくれば 明るい黄緑色が加わってもうちょっと雰囲気が変わるかもしれません。

e0154682_2023199.jpg
12月から咲いていて氷点下になっても元気な鉢です。
パンジーはもっと赤黒かったのに 後ろのコルジリネ・サンダースの色が染まったんでしょうか明るい赤になってきました。スプレー咲きの葉ボタンはちょっと とうがたってきて手前のリシマキアはやっぱり寒さで茶色くなっています。そして私のお気に入り 中央に植えているアカスジソレルは寒くて固まってるんでしょうか・・・・・成長は止まったままです。
e0154682_20234087.jpg
これは外壁にかけている大きなアイアンのハンギングです。赤黒のパンジーとちょっと変わったロべりアです。後ろのシロタエギクはなぜか見当たらず、左右のオリズルランは寒くて黄変したので切っています。暖かくなるまで待てば芽が出ますね。
e0154682_20241168.jpg
ホスタのサガエの鉢に植えた這性のビオラ。
ブルーと紫のコンビがきれいです。 サガエが芽吹いたらきっときれいな組み合わせになるでしょうね・・・・楽しみです。
by soleil-gardener | 2009-02-23 20:27 | ★ガーデニング | Comments(0)

★新地でお寿司・・・・・「鮨処 たかはし」

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_2342118.jpg
大阪の新地でお寿司・・・・・と聞いただけでちょっとお値段が・・・・・それに敷居が高い感じがしますが ランチは気軽に入れるお店があるのよ~と友人Nさんが教えてくれました。
e0154682_23424090.jpg
北新地の「たかはし」です。 お店はカウンター10席ほどなので Nさんは予約してくれていました。
e0154682_075094.jpg
高橋さんは元プラザホテルのすし店の責任者だった方で 味には定評があります。
プラザがなくなって10年が経ったということで 雑誌の取材があったそうです。
e0154682_23441611.jpg
葉蘭の上にひとつひとつお寿司のせられると色合いがきれいで そのおいしいこと!
中トロ、タコ、イカ、車エビ、そして 鯛、赤身2貫と卵・・・・・この卵が できたてでふんわりおいしい~。

e0154682_23445383.jpg
ウニは軍艦巻きでなくて フワ~と口の中でとろける美味しさです。
後ろの丸くて白いものはお漬け物のべったらですがこれもおいしい。食感が違うあっさりしたものが途中で出てきて またこのあとのお寿司がふんわりと美味しく味わえます。
e0154682_2345178.jpg
最後は穴子。これも柔らかくて何とも言えない美味しさでした。
ネタとすし飯とのバランスが どれもフンワリと優しいお寿司でした。
ランチはおまかせの10貫で2500円です。
e0154682_23454434.jpg
お料理好きのNさんと お店に来る途中に「お料理って作る人の人柄が出るね」・・・と話していたのですが ほんとうに「たかはし」のお寿司は ご主人高橋さんの温かい人柄が伺えるお料理でした。
また訪れたいお店の一つになりました。
e0154682_23501612.jpg
お土産に巻き寿司を包んでいただきました。
e0154682_23503614.jpg
具がたっぷりの懐かしい味の巻き寿司でした。おいしい~。
巻き寿司 1500円。
元プラザのシェフのお店が 我が家の近所に「ラ・メゾンブランシュ 」(豊中)  箕面には「ロ・ア・ラ・ブッシュ」がありますがどのお店も美味しい・・・・・・・この「たかはし」もそうですが さすがプラザ・・・・・という感じでしょうか。


e0154682_172433.jpg
さて、美味しいお寿司のあとはちょっと甘いものを・・・・・と、北新地の細い抜け道を通りながら「いなば播七」本店 へ行きました。魚料理のおいしい「銀平」もあるはずが 新地の中はよく似た道がいっぱいでわかりません。
e0154682_2357282.jpg
いなば播七は300年ほど前にできた大阪で初めてのお餅屋さんだったそうです。 年代物の看板もあって落ち着いた雰囲気です。 
e0154682_23515042.jpg
ここのおはぎは特においしい~大好き。小豆の餡がそんなに甘くなくて上品な甘さ、それにお餅屋さんだてあって中のもち米が美味しいのです。お土産に買いました。
e0154682_23521258.jpg
お店で甘いものがいただけるので あんみつとコーヒーのセット(500円)でゆっくりできました。


e0154682_2354964.jpg
さてさて、今日は買えるかしら~・・・・・と新地から四ツ橋筋まで歩きだすと 遠くからこの行列が見えて、やっぱり無理・・・・買えませんね。
これは あの有名な「堂島ロール」を買うために並んでいる行列です。
信号の左は渡辺橋で その橋の中央付近が最後尾で1時間半の待ち時間だそうです。
橋を渡りきったところまで行列ができる時もあるそうで……すごいですね。

e0154682_23542793.jpg
ここが堂島ロールを売っているお店 「モンシュシュ」ですが お店の看板も、中の様子もな~にも見えません。人、人、人・・・・・
e0154682_23545282.jpg
見えたのは お店の袋と同じ色のこの車だけ。 
並ぶ気がないのでなかなか堂島ロールが味わえませんね~。
ずいぶん前にお友達にいただいたのですが その時はそんなに並ばなくても買えたそうですが・・・。今はすごい人気です。



鮨処 たかはし
大阪市北区堂島1-2-32 トヨタビル 3F
Tel 06-6341-5507
営業時間  12:00~13:30・・・・・・・ランチは予約して行ったほうがいいと思います。
        17:30~21:00
定休日   日曜・祝日・第1第4土曜 



いなば播七」本店
大阪市北区曽根崎新地 1-9-6 菱冨ビル1F
Tel 06-6341-3266
営業時間 : 月~金(9:00~24:00) ・・・・・・新地だけあって営業時間はさすが!    
        土   (9:00~22:00)   
定 休 日 : 日・祭日



モンシュシュ
大阪市北区堂島浜2-1-2
Tel 06-6343-1616
営業時間 10:00~22:00
by soleil-gardener | 2009-02-21 01:33 | ★美味しいもの | Comments(0)

★『ウィーン美術史美術館 静物画の秘密展』

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_2333259.jpg
今日は兵庫県立美術館でボランティアのお仕事でした。
今 『ウィーン美術史美術館 静物画の秘密展』が開催されていますが 4時間かけて広島からいらしたお客様と 吹田からの2組の団体のお客様に展覧会の見どころを スライドを使って簡単にご紹介しました。 
熱心に聞いていただいてほっと安心。

e0154682_23341168.jpg
今回の特別展はとても人気があって たくさんのお客様がいらしています。


e0154682_2335331.jpg


館内には展示されている作品の一部がだまし絵のように・・・・・貼ってあります。





e0154682_2336794.jpg







17世紀の絵から抜け出した紳士が振り向いて・・・・「ようこそ~」と言ってるよう・・・・・







e0154682_23371724.jpg
エレベーターを降りると・・・・・戦いの神マルスがリュートで愛を奏でて・・・・・・・







e0154682_23384529.jpg


打ちっぱなしの壁にも・・・・・巻き貝が・・・・・







e0154682_23395639.jpg
こんなところにも・・・・・静物画に描かれている水差しや動物が・・・・・・・

e0154682_23403348.jpg
会場へ入る前から展覧会が始まっているようです。
オーストリアにあるウィーン美術史美術館はヨーロッパ最大の貴族ハプスブルグ家のおよそ400年にわたる美術コレクションを中心に所蔵している美術館です。
( 「ハプスブルグ・・・と聞いただけで「エリザベート」を連想してしまって…余韻が・・・・)
そのコレクションから今回は75点が展示されていて ヨーロッパの静物画やそこに隠された意味を探っていく展覧会です。

e0154682_23412437.jpg
この作品は <四季>の連作の1枚で、色とりどりの美味しそうな果物が籠に入れられていたり 後ろでは穀物畑で刈り入れが行われています。果物市場の様子が描かれる中で 籠に入れられた様々な野菜や果物が細かく描かれ、次第に「もの」が主人公の静物画が描かれるようになっていきます。 

e0154682_2341477.jpg
中央の優雅な天使は左手で 皇帝カール5世の肖像を表したカメオを持っていて 右手は そのカール5世が支配した「日の沈まぬ国」 の地球儀を指さしています。 でも、机に置かれた火の消えたろうそくや 砂の落ち切った砂時計、どくろなど、この世ははかないという意味(ヴァニタス)のものが置かれています。 権力や財宝ははかないもので 栄光や快楽に溺れず神を恐れよ・・・・という意味が隠されています。
この机に置かれたどくろなどの「もの」の細部の表現には驚かされます。

e0154682_23421278.jpg
つやつやと光った牡蠣にレモンが添えられていて 色鮮やかで質感の表現は見事です。左横の銀の容器にはコショウが入っていて レモン 牡蠣 コショウ・・・という組み合わせは当時の健康法でお勧めの食べ物だったそうです。 レモンは地中海地方から輸入された高価な食べ物でしたが オランダやフランドルの静物画にはよく登場します。その皮の表現は 画家の技の見せ所で 驚くほど写実的で細やかです。 新鮮な牡蠣やレモンがまるでそこにあるような錯覚を覚えます。

e0154682_23423579.jpg
楽器だけを描いた静物画です。ヴァイオリン、リュート、バロックギター、チェロ・・・・・・・・横には地球儀や天体観測気が置かれていますが これらは栄光のしるしでもあるけれど 栄光も最後には時とともに消える…ということを表しているそうです。

e0154682_23425895.jpg
この作品の前には女性の方がいつもたくさんあふれています。
「花のブリューゲル」「花の画家」と言われたヤン・ブリューゲルの作品で なんと140ほどの花が描かれています。
やわらかな花びら その質感が素晴らしい!
一つ一つの花がとても写実的に描かれていますが 咲く時期の違う花もあったりして全体の構図はたくさんの花が見えるように人工的なものです。
この作品の横には花の名前が紹介されていて 確かめながら見ていくと楽しいかったです・・・・だから人だかりができるんですね~。
世界中と貿易をして富を得たオランダですが 輸入された東洋風の花瓶が描かれているのはさすがという感じですね。 また、そのころは高価だったチューリップも描かれています。
e0154682_23432945.jpg
最後に展示されているのが 日本初公開の作品 「薔薇色の衣裳のマルガリータ女王」です。
マルガリータ女王はスペインのハプスブルグ家に生まれ、幼い時から政略結婚のためにオーストリアのハプスブルグ家に嫁ぐことが決められていました。 だからこれは「お見合い写真」のようなものだったようです。
マルガリータ女王を描いたのは スペイン国王フェリペ4世の宮廷画家 ベラスケスでした。
ベラスケスはマルガリータ女王の肖像画を5点描いていて ウイーンに残されているのは 3歳、5歳 8歳の3点です。この作品は最も幼い3歳の肖像画です。
ベラスケスの絵は 近くで見ると粗くてぼやけた感じですが 少し離れてみると輪郭線がくっきりとして 衣裳の豪華さや質感が浮き上がって見えます。 色彩の明暗やタッチの変化は のちのマネや印象派の画家たちに影響を与えました。
マルガリータ女王は13歳の時 11歳年上のレオポルド1世に嫁ぎますが その1年後 父親のフェリペ4世が亡くなり実家は没落していきます。そして生まれつき体の弱かったマルガリータは22歳の若さで亡くなってしまいます。・・・・・こんなことを知るとほんとに悲しくなってしまいますが 絵を見ているとベラスケスに成長の記録になるような肖像画を描いてもらっている子ども時代が幸せだったんだろうな~…と思ったりします。

e0154682_23435994.jpg
今回も会場の出口にはパソコンが置かれていて 作品の写真を送信することができます。
ブログに載せた作品の写真は すべて美術館から私が自宅のパソコンに送ったものを使っています。
この企画はいつもいいな~と思っています。

17世紀の静物画には 机の上にひらりと落ちた花びら1枚にも 小さな虫1匹にも意味が隠されているようでそれを探して見ていくのも面白いし・・・・・
そ~んな難しいことより・・・・画家の細部の表現の技を見ていくのも楽しいし・・・・・
いろんな楽しみ方ができそうです。

3月29日(日)まで開催されています。




ウィーン美術史美術館 静物画の秘密展
by soleil-gardener | 2009-02-20 01:14 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

★春はもうすぐ・・・・

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22123015.jpg
寒~~い! 
予想していたとは言え ポッカポッカの陽だまりの優しさを覚えると 北風は厳しいですね。
それでも元気に庭のクリスマスローズが咲き始めました。
いつも下を向いて咲いているので 摘んで水に浮かべました。
ゆっくり花を見ると しべが綺麗です。
e0154682_22132418.jpg
クリスマスローズも花弁のように見えているのガクなんですね。(クレマチスもそうですが・・・) これは濃いピンクのドットが入った花です。しべが一つにギュッと固まっています・・・・・開いたばかりなんでしょうか。
e0154682_22135222.jpg
これはピンクにちょっと筋がはいった花。
しべが開きかけて・・・・フワッとしています。
e0154682_22214270.jpg
これは濃い赤紫の花。もう しべが開いています。

今年は白い花のクリスマスローズがまだ咲きませんが・・・どうしたのかな~
以前、原種のニゲルがいつの間にか消えてしまって・…不思議。
弱かったんでしょうか・・・・・育て方を間違ったのかも・・・。

ダブルのクリスマスローズも綺麗だな~…とお店で眺めますが いつも値段にびっくり!…眺めるだけです~

色のない庭にクリスマスローズが咲くと 春の足音が聞こえてきます。
もうすぐ春~ですね~♪
by soleil-gardener | 2009-02-17 22:36 | ★ガーデニング | Comments(0)

★春うらら

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_21381159.jpg
暖ったか~~い!
おとといの夜 嵐のような雨が降って・・・・・春の嵐だったんですね・・・・・・昨日から春がやってきたみたいです。
嵐が通り過ぎた朝庭に出ると 花も草も盛り上がって大喜びしているようでした。
たっぷりと天からの恵みをもらって 満足!満足って言ってるようでした。
毎日水やりしている水道のお水ではこんなに喜んだ様子は見られないので やっぱり自然からの贈り物が一番なのだと思い知らされます。
・・・それは人間も同じですね。
e0154682_21545114.jpg
・・・・で、部屋の中を見ると 可哀想に観葉植物がうなだれているように見えて デッキに出して水浴びさせました。…水道のお水ですが・・・・。
重い鉢は動かせないので とりあえず運べるものだけでも出して 頭から水をあげました。
うしろのアレカヤシは白い綿のようなカイガラムシがついて 本当は頻繁に葉水を上げないといけないのですが・・・・・・・動かすと フワッ フワッと白いのが飛んで・・・ちょっと嫌な感じ。
拭いても拭いても一度つくとなかなかカイガラムシはとれません。

家の中に置いている観葉植物はみんな白い鉢に入れています。
e0154682_21383953.jpg
庭では 土の中から球根たちがお目覚めです。
バコバ、ディアスキア、コピア、などの小さな花たちの鉢から出てきたチューリップ「カフェノワール」
e0154682_2141387.jpg
門の横のハナミズキの花壇から出てきたチューリップたち。 クリスマスローズも咲いています。
e0154682_21414126.jpg
ハナミズキをくるっと囲むように植えたつもりが・・・・・???
前の小さな芽はラナンキュラスです。
e0154682_2142229.jpg
バラ サマースノーの下、クリスマスローズ (これは白い花です) の葉っぱの下からも出てきました。
e0154682_2143553.jpg
大きなじキタリスの葉っぱの下からは スノードロップの芽が もう大きくなっています。
e0154682_21441726.jpg
アメリカアジサイ アナベルの下からも
e0154682_214634.jpg
ホリホック アルセアの横からも スイセンの芽が出ました。

他にもクロッカスも出てきました。
あったかくなってきたら土の中でじっとしてられないんですね。
庭も賑やかな春を予感させます。
春ですよ~!
by soleil-gardener | 2009-02-15 22:31 | ★ガーデニング | Comments(0)

★美肌効果の中華・・・・・「シノワーズ厨花 La cuisine」

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります
e0154682_18204041.jpg
昨年11にオープンした 阪急西宮北口駅前の阪急西宮ガーデンズにある 「シノワーズ厨花 La cuisine」に行きました。
e0154682_2232098.jpg
うっかり電車を乗り過ごして 大慌てで駆けつけた私を待っていてくれた優しい優しい高校時代の友人たちとの食事会です。
店内のインテリアはとってもモダンで ちょっとゆったりできるソファーっぽいセッティングがあったり多様です。厨房が見渡せ、高い天井から吊るされた軽やかな花のモビールが印象的でした。
e0154682_1821680.jpg
今日は 「キュイジーヌ式 美肌コース」(4000円)です。…・コラーゲンいっぱいだそうですよ~・・・・
e0154682_18212422.jpg
前菜は生春巻き。 焼き豚や野菜をふんわり巻いてあります。
e0154682_18214194.jpg
スープはチキンと、クコ、黄緑色の細いのはユリの芽(?)、ユリネや長芋など食感のいい具材がたくさん入っています。
e0154682_18221429.jpg
お魚料理は 海鮮のXO醤炒め。 ライスペパーを揚げたもので包んで XO醤やイクラ 香菜 をトッピング。
e0154682_18222891.jpg
パリッとライスペーパーを割ったら 中からエビやイカ、貝柱、青梗菜など・・・・
e0154682_18225050.jpg

e0154682_1823650.jpg
お肉料理は イベリコ豚の梅肉ソース添え。
e0154682_18233310.jpg
ピタパンみたいに挟んでいただくと美味しい。
e0154682_1824818.jpg
麺とお粥を選べるんですが 今日はあんかけ麺。さっぱりしていました。
e0154682_18235010.jpg
窓の外は中庭のイルミネーションできれい。この日は満月も見えていい感じでした。

e0154682_18244756.jpg
さて~・・・・これはデザート。
7種類あります。
ティラミス、マンゴープリン、杏仁豆腐、キャラメル風味、カシスのアイス、ゆずのゼリー、チーズケーキ・・・・・・お好きなだけど~ぞ!・・・・・ということで・・・・
e0154682_1825218.jpg
みんな7種類いただきました。 甘いものは別腹・・・・って本当なんだって 胃に隙間ができるんだって・・・・・と誰かが言ってました。
e0154682_1825272.jpg
一つ一つが美味しそ~です。
e0154682_18254465.jpg
すごい! 夢のあとのように・・・・・このガラスの器を洗うだけでもr大変だろ~な~・・・と思ってしまうのは主婦ですね~・・・。
でも、おいしかった!
学生時代の気のおけない友人とワイワイガヤガヤ・・・・何十年も前に一瞬でワープできる楽しさ・・・・・のんびりゆったりできる私の大切な時間です。

e0154682_18263356.jpg
阪急西宮ガーデンズはとにかく広い広い。また、」ゆっくり来たいですね。


「シノワーズ厨花 La cuisine」
兵庫県西宮市高松町14-2 阪急西宮ガーデンズ4F
Tel 0798-61-0041
by soleil-gardener | 2009-02-13 23:24 | ★美味しいもの | Comments(2)

★庭の改造・・・・・その6 

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_0153939.jpg
家の門の左にあるバラ、サマースノーの剪定も終わり バラの芽が動き始めるまでに ぎりぎり間に合ってすべてのバラの剪定が終わりました。 ホッと。。。。。
そして この写真の白い門の中の左にある板塀の上に 細い木でパーゴラを作る作業を始めました。
e0154682_23311355.jpg
3cm幅180cmの長さの細い木が12本と その半分の長さに切った角材が6本。
ステインを塗って乾かそうと思っていたら 次の日雨が降ってなかなか乾かず 3~4日このままにしていました。
e0154682_23314350.jpg
さて・・・・電動ドライバーを充電して・・・・
塀から上に 42cmと21cmの位置に細い木を2本渡します。
角材を垂直に板塀に止めつけ 一人で 平行に2本の木を角財にとめていくのはちょっと大変でしたが (・・・・誰かが片方を持ってくれればすぐに止めつけれるんですが・・・) 2台の小さなポンコツ脚立を行ったり来たりしながら無事半分終了。
e0154682_2332758.jpg
電動ドライバーもへなちょこで バッテリーを交換しても あ~~~~グスッ。。グスッ。。って言いかけたかしら・・・・・と思ったところでタイミングよくできあがり!
3本目のアーチの奥はもう既に昨年取り付けていたので思ったよりも早く出来上がりました。
1時間半でできるなんて我ながら「早い!」 それにうまくできちゃった!・・・と自画自賛。
e0154682_23324952.jpg
板塀を張る時に 脚立に乗らなくてもつるバラの世話ができるように そして閉鎖的になるのが嫌なこともあって高さは180cmにしました。 
でも、グングン伸びていくつるバラの勢いには180cmは低く パーゴラを作ることにしたのです。・・・・高さ220cmになりました・・・・・あ~脚立がいつも必要になります・・・・脚立を持ち運ぶのって結構大変なんですよね~。
でも、ドライバーをもって メジャーで測りながらビスを打っていくって・・・・・…おもしろい。
最近 スリムなビスを使うことにしているので 打ち込むのも簡単です。
こんな作業が大好きです。 たのし~~!
…・・・それにしても ・・・・・もう少しタフな電動ドライバーがほしい・・・・・
by soleil-gardener | 2009-02-13 01:08 | ★庭のDIY | Comments(0)