人気ブログランキング |

2016年 02月 29日 ( 1 )

◆『小林且典・・・静物学』展・・芦屋シューレ

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります


e0154682_13524103.jpg

昨日 芦屋に行ったついでに親王塚にあるギャラリー『芦屋シューレ』で
『小林且典 静物学』を見てきました。



e0154682_13553280.jpg

e0154682_13532874.jpg


水差しやカップ 糸杉・・・小さなサイズのものが並んでいます。

e0154682_13535196.jpg


小さいけれど 一つ一つ存在感があります。

「手に取って見てくださいね・・」
・・と進められて 手にのせると ずっしりと重い!
鉄ではなく ブロンズだと分かります。


e0154682_14111300.jpg

磨かれたものや着色されたもの・・・


e0154682_15473264.jpg


粗削りなもの・・・素朴なもの・・・

ゆったり見ていると 時間がゆっくり流れるような暖かさがあります。

ブロンズなので これを磨くとピカピカの金色になります。
一番上の写真の金色の作品がそうです。
どの作品も裏(底)がピカピカで ネームが入っています。




兵庫県龍野市生まれの小林且典は 
東京芸大院卒業後イタリア留学中に魅せられた 
蝋で型を取る鋳造で日常生活の身近なものを表現してきた芸術家です。

以前 兵庫県立美術館でも 
注目作家紹介のチャンネル4で個展が開催されました。

木彫や 蝋型鋳造で制作したブロンズ・・また作者自身がカメラで撮った写真も
展示されていました。


e0154682_15471071.jpg


今回も 写真・・・ありました。


e0154682_15463252.jpg

作者自身で削ったレンズを使って写真を撮るそうです。
凄いですね~・・・

白い・・何とも言えない奥行き感と 
丸くて赤い・・何かの器?・・かけらのようなものに集中されて・・・
なにか じ~~と見入ってしまう写真でした。



e0154682_15025742.jpg

もちろんフィルムカメラで 印画紙もご自身で制作されるんだそうです。



e0154682_14095469.jpg


モノクロ写真で ゼラチンシルバープリントはよく聞きますが
これはプラチナプリントなんだそうです。

柔らかな光 微妙なグレーの濃淡・・・
じっと見ていると 細密画の版画のようです。

この用紙もご自身の制作です。

e0154682_15175669.jpg


e0154682_15181049.jpg


小さな空間での展示ですが 作者の凝縮されたエッセンスが感じられました。




e0154682_13550669.jpg


芦屋シューレ・・・
大きなガラスドアを押すと 非日常の素敵な空間がありました。


この小林且典展は 私が行った昨日が最終日でした。
いつも行くのが遅くて・・・ご紹介してもお役に立てないですが・・・
次回は
3月5日(土)から『山村幸則展 芦屋体操第2』が始まります。





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2016-02-29 15:36 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)