カテゴリ:★美術館の展覧会( 54 )

◆国立国際美術館の『ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代』へ



いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります
e0154682_22401569.jpg


お天気の良かった今日 大阪梅田に出る用事があったので
中之島にある国立国際美術館へ行ってきました。

今開催されている『ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代』が
3日から始まったので観たいと思っていました。


この宇宙船のような 昆虫のような 蝶のような・・・
これが美術館だとは思えない建物です。

地下の美術館です。



e0154682_22405115.jpg


向かいには大阪市立科学館。
ちょうど子どもたちが出て来て楽しそうにしていました。

赤い彫刻は清水九兵衛の作品。
大阪のビジネス街を歩くと清水九兵衛の赤い作品によく出会います。




e0154682_22403588.jpg


e0154682_22400017.jpg


中に入ると この金属の組合わされた様子に驚かされます。
圧巻! ダイナミックです!

メッシュが貼られていて 透けて見える空や周りの風景が面白い。

ここからどんどん地下へ地下へ・・・・




e0154682_22415580.jpg

地下1階のインフォメーションで撮影許可証をいただくと
特別展は無理ですが 常設展は写真が撮れます。



e0154682_22413831.jpg

地下1階のインフォメ-ションの前には 高松次郎の作品『影』が・・
これは写真を撮ったみたいですが グレーの濃淡の絵の具で塗っています。

右横はショップです。



e0154682_23031031.jpg


地下2階へ降りるエレベータの前にはヘンリー・ムアの『ナイフ・エッジ』

大きな作品 高さ2m以上あるブロンズ像です。
前からみるとド~ンと重量感がありますが
横から見ると薄くて刃物に似ていることからナイフエッジと題されたそうです。

この薄~く削いだようなエッジの切り方が凄いですね。
でも刃物から連想する冷たい印象はなくて
ムアの作品はいつも何かしら温かく 
大地に根ざした生命力を感じます。




e0154682_22423957.jpg


そこからエレベーターを降りた地下2階です。
ここは常設展示場。

壁面には大きなミロの作品と
天井から吊るされたアレクサンダー・コールダ―の赤いモビール。

この空間は本当に凄いですね。
圧倒的な空間。
美術作品が主役の空間ですね。

この右奥のエレベーターで地下3階の特別展へとまた下りて行きます。

結局 その辺りは3階の高さまで吹き抜けていることになります。




e0154682_22422588.jpg


エレベーターの上からは
地上の光が金属の格子とメッシュを越えて降り注ぎます。





e0154682_22431630.jpg


地下2階のエレベーター降りたところには
柱の上の方に赤いチューリップがくっついています。

小さいので きっと気づく人は少ないかも・・・
須田悦弘の『チューリップ』です。
これは木でできています。

直島のベネッセハウスで見た時はびっくりしましたが
本当にリアルです。
葉っぱに虫食いの穴も・・・
それにしても 
コンクリートの柱に葉っぱの先っぽだけでどうやってくっついているのか・・
不思議!





e0154682_23003958.jpg


やっと地下3階に到着。

ここは撮影禁止です。

『ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代』・・・
思っていたよりも面白くて・・(?)・・

現代美術って分かりにくそう・・・って思わずに
いろんな意図や背景があるにはあるんでしょうけれど
「ふ~~ん」と楽しく観ます。
なので 現代美術好きです。





e0154682_23010065.jpg


観終わって1階上がって地下2階の常設展へ。

ここのテーマも80年代・・・
80年代を 
あらためて表現の、解釈の、制作の可能性を問い直して そこから出発・・
という意味合いの展示がされています。

キャプションがていねいに書かれているので
読んでいても面白く勉強になりました。




e0154682_22434961.jpg


e0154682_22441535.jpg


ジョージ・シーガルの『煉瓦の壁』

兵庫県立美術館には 
石膏に黒く着色された人々が急ぎ足の様子の『ラッシュアワー』がありますが
ここは白い石膏のままの2人・・
これは生きている人に石膏を塗って型どりして作られた作品です。
白と黒と赤・・・




e0154682_22593997.jpg


その向いには篠原有司男(しのはらうしお)の『将軍バー』
日本を飛び出しアメリカで才能を認められた芸術家で
「うしお」という名前からから「ぎゅーちゃん」と呼ばれているそうです。
兵庫県立美術館にもぎゅーちゃんの作品があるので
私は思わず「ぎゅーちゃんだ!」と口走ってしまいました💦

ダイナミックで賑やかでエネルギッシュ!



e0154682_23001007.jpg


その右にあるのが 三島喜美代の作品です。

コカ・コーラの段ボール・・・ですが
これは陶でできています。
・・・(キャプションを確かめていないのですが多分)
文字などはシルクスクリーンで転写していて
日常目にするもの 新聞や ゴミなどを作品にしています。



e0154682_00232650.jpg


e0154682_23021980.jpg


面白かったのは この展示室でした。
真っ暗・・・・な中に浮かび上がる写真作品。

この電球作品のために照明を落としているのでしょうけれど
壁面の作品が
まるで額の後ろから光を当ててるような感じで浮かび上がっていました。



e0154682_22445649.jpg


照明は天井からのスポットライトでしたが
四角い額に合うように 四角く光を当ててるのか・・
キャプションも四角い光が当っています。

こんなライティング初めて。

写真は 手前が杉本博司 奥が稲垣元則の作品です。




今回の常設展は 特別展に匹敵するぐらい面白かった~!



昔は美術館のレストランに 
石鍋シェフの『クイーン・アリス』が入っていたので
(もちろん石鍋シェフが調理しているわけではありませんが・・・・)
よくランチしたのですが 
最近はこの美術館界隈に美味しいランチのお店ができたので
美術館には長居しなくなりました。

次回はちょっとお茶でも・・・・



『ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代』
国立国際美術館
大阪市北区中之島4-2-55 
TEL:06-6447-4680


2019年1月20日まで開催しています。




いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪


by soleil-gardener | 2018-11-09 00:34 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆『日本新工芸展』・・・京都へ



いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります


e0154682_22503290.jpg
今日の京都は39℃!!
そんな暑い暑い京都へ・・・
『日本新工芸展』を観に京都文化博物館へ行ってきました。


e0154682_22534138.jpg
京都文化博物館は 
阪急烏丸駅から地下鉄に乗りかえ「烏丸御池駅」下車5分のところにあります。
建物の中には京都の街並みを再現した「ろうじ店舗」があったり
なだ万があったり お蕎麦屋さんがあったり
甘味処があったり 紙屋さんがあったり・・・
いろいろ楽しめるところがいっぱいです。


e0154682_22551019.jpg
広い建物の中 『日本新工芸展』は5階で開催されていました。



e0154682_22541234.jpg
e0154682_22505214.jpg


素晴らしい作品がいっぱい。

どうやって作ってるんだろう・・・と一所懸命見てしまいます。




e0154682_22553217.jpg


e0154682_22571459.jpg


素敵な色合いだったり・・・
どうな風に織ってるのか・・・と裏をのぞき込んだり・・・




e0154682_22570497.jpg


絞り染めが綺麗です。



e0154682_22572958.jpg


e0154682_22544093.jpg


この陶器も 地層のようになっていて・・・


e0154682_22545552.jpg


緻密で大胆で手の技が感じられます。



e0154682_22575444.jpg


e0154682_22581511.jpg


すごい技術と感心する作品がいっぱいですが
そんなに堅苦しくなく
遊び心のあるものもたくさんあって
とても見ごたえがありました。



今年は 工芸展によく通っています。




e0154682_22583643.jpg


この京都文化博物館の近くには 古くからの街並みがあって
見ていて楽しいお店がいっぱいです。

ここは「アンティーク」・・・とガラスドアに書かれていた骨董屋さん。



e0154682_22585021.jpg


ここは「松之助」・・というケーキ屋さん。


e0154682_22590187.jpg


ここは法衣を売っているお店。


烏丸御池駅から歩く5分間 街並みを楽しめました。


でも・・・
暑かった~~~💦💦




『日本新工芸展』は8月5日まで開催されています。
もし近くに行かれたら寄ってみてくださいね。

京都文化博物館




いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪


by soleil-gardener | 2018-08-03 23:17 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆久しぶりに美術館へ ・・そして陽春園へ



いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_17010844.jpg


昨日 久しぶりに兵庫県立美術県へボランテイアで行っていました。

阪急王子公園駅から歩いて15~20分坂を下りますが
まだ午前10時ごろなのに
それはそれは激しい陽ざしで 
美術館に到着するまでにクラクラしてきました。

昨年まで 
真夏でも日傘を持つのが面倒で 
帽子もかぶらずこの20分の道を歩いて美術館に通っていたその元気さが嘘のようで
昨日は折りたたみの日傘をさしていたのにもかかわらず
このヘタリ・・・よう・・・
年のせいなのか・・・
「命にかかわる危険な暑さ」・・・と言われるせいなのか・・・
とにかく暑くて歩くのが嫌になりました。




e0154682_17011943.jpg


屋根の上の『美かえる』君も
『暑っ!』ってダラッとしてる感じです。


美術館では今 『プラド美術館展』が10月14日まで開催されています。

県美プレミアム展(常設展)の今年度第2期の展示も7月7日から始まっています。
今回は「兵庫県県政150年」を記念して
兵庫の歩みを収蔵品で振り返る展示で
昨年の新しい収蔵品のお披露目もあり
中身の詰まった見ごたえのある常設展になっています。

・・・私はまた 今回の45分間のガイドツアーの原稿ができるまで
重い日々を過ごすことになります。
・・・と言っても8月は遊ぶので9月から・・・




e0154682_17014303.jpg


そして 原田の森ギャラリーで『兵庫工芸展』が開催されていたので
帰りに見てきました。

原田の森ギャラリーは
阪急王子公園駅南西5分のところにあります。



e0154682_17034321.jpg


会場には 会員の先生方の作品と 
公募で入選された方の作品が展示されていました。



e0154682_17030674.jpg


同時に「神戸新聞平和賞・文化賞、 兵庫県文化賞」受賞者展も
展示されていました。



e0154682_17024517.jpg


さすがに凄い作品が並んでいて
工芸って『技』なんだと再認識できます。


e0154682_17103197.jpg



e0154682_17101344.jpg


一つ一つ見てるとどんな風に作るんだろ~・・・と
ついつい思ってしまうので じっと見入ってしまいます。




e0154682_17092986.jpg


これはガラス作品。
マットな黒のグラデーションと 透明なガラスの組み合わせ。
繊細さと量感と透明感と・・・
凄い!!


この展覧会は22日・・・今日まででした。
もっと早くご紹介できたらよかったんですが・・・💦💦




e0154682_17163911.jpg


そして夕方遅くに宝塚の陽春園に行ってきました。

先日作った デッキ下の花壇に植えるブドウの苗を買うためです。
巨峰が欲しくて・・・・
ブドウを植えるのは初めてですが
実のなるものが欲しかったので・・・
甘い巨峰ができるまで何年かかるでしょうね。




e0154682_17170477.jpg


陽春園の入り口には いろんなエキナセア。

欲しかったけれど ぐっと我慢。
とにかく 
庭ができるまでは何も買わない増やさない・・・を守ります。



e0154682_17165077.jpg


寄せ植えが並んでいた場所に 池ができていました。
以前からあったのかな・・?

お水が流れて 涼しげな感じ・・・



e0154682_17172691.jpg


つりしのぶがいっぱいありました。
夏らしい・・・



e0154682_17171572.jpg


暑かったこの日も 夕方は風が吹いていて
風鈴の音も涼しげでした。



そして 近くのニューローズさんで
また バーグ堆肥 ピートモス 真砂土 を買いました。

先日植えこんだ花壇のバラたちの育ちがいいので
またこの土を配合して植え付けようと思います。


暑くて もうダメ!・・・って言いながら
朝から夕方まで動き回っていました。


そして家に帰ると県展の結果がポストに届いていました。
今年は落選!

なんか 結果は途中から自分でもわかっていたような気がします。

作っていて楽しくなかった・・・のです。
作品を作る時 いろんなイメージが湧いてきて
こうしよう・・・ああしよう・・・
最初の絵を描いた時とは違うイメージがどんどん湧いてくる作品は
作っていて楽しくて夢中になってきます。
そんな作品と巡りあうととっても幸せ。

結果が悪くても
自分に何が足りなかったのか・・・と思うより
自分が何をしたいのか・・・と問いかけてみます。

すぐに答えが見つからなくても
自分にいろんな刺激を感じ取れるセンサーさえあれば
それが又かたちとなっていくと思っています。


ブログを見てくださった多くの方にメールなどで励ましていただいて
本当にありがとうございました。

また 頑張りま~す♪







いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪


by soleil-gardener | 2018-07-22 18:09 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆秋の京都へ・・大山崎山荘美術館『有元利夫展』&『岡本神草の時代展』

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22301583.jpg


阪急京都線 大山崎の駅を降り 
美術館送迎のバスに乗って山を上がると
そこは色鮮やかな木々が織りなす錦秋の世界でした。


e0154682_22304320.jpg


綺麗・・・思わずつぶやいていました。
時を感じさせる樹々が生い茂り
オレンジ色のグラデーションがそれはそれは美しい。
秋はこうでなくっちゃ・・・・


e0154682_22311320.jpg


紅葉のトンネルを少し登ると美術館の入り口です。


e0154682_22314177.jpg


アサヒビール大山崎山荘美術館は この建物だけでも見ごたえがあります。

この建物は 関西の実業家 故加賀正太郎が
大正時代に建設した「大山崎山荘」を修復したものです。
敷地内には 
安藤忠雄が設計した展示棟もあってモネの睡蓮の連作がいつも展示されています



e0154682_00134979.jpg

今は『有元利夫展』が開催されています。



e0154682_00154692.jpg

『花降る日』

丸いケーキのような階段を登る女性・・・
舞い落ちる花びら・・・
不思議な世界です。

有元利夫は ヨーロッパを訪れた時イタリアのフレスコ画の影響を受け
そこに仏画との共通点を見出して作品作りをしていったそうです。

フレスコ画って 漆喰を壁に塗って それが乾かないうちに
絵の具で直に色を入れていく手法で作られる作品のことだそうです。

有元は キャンバスに岩絵の具を使って描いたそうです。
その絵の表面の凹凸、肌合いが何とも言えず雰囲気を出していました。

そして 有元は音楽が好きだったそうで
・・・使っていたリコーダーも展示されていましたが・・・
音を 赤い小さな7つの球で表現した絵があったり・・・
詩的で独特の世界観に包まれます。


作品数は多くありませんが 見ごたえがありました。



この雰囲気の絵 どこかで見た覚えが・・・
と思っていましたが
思い出しました・・・!
以前読んだ 宮本輝の「青が散る」の表紙の絵でした。
好きな本のことは覚えてるんですね。



e0154682_22322166.jpg


建物の中は撮影禁止・・・
以前は撮影できたんですが・・・💦


この山荘の雰囲気・・・素敵です。

一緒に行った友人は 小さなころこの山荘によく遊びに来ていたので
いろんなお話を聞けて楽しかったです。

e0154682_22324930.jpg


この京の地・・・3つの川が流れるこの地に山荘が建てられた理由や
喫茶室になっている2階はどう使われてたとか・・・
ここに暖炉があって・・・とか
昔を思い出して友人も楽しそうでした。

2階のテラスから見える 栖霞楼と呼ばれる敷地を見渡せるこの白い塔は
当時は お客様のゲストハウスだったそうです。
私はラプンチェルを想像してしまいました・・・💦



e0154682_22331674.jpg


お庭も広くて池に映る紅葉が美しい・・・

アンティークで上質な世界・・
ゆったりと時間が過ぎる・・・ゆったり過ごす
それが別荘なんですね・・


お勧めの美術館です。



e0154682_22341342.jpg


そして午後からは京都市内に出て
京都国立近代美術館で開催されている『岡本神草の時代展』に行きました。

大正昭和に活躍した日本画家 岡本神草の作品・・
素描や下図などが展示されています。
同時代に活躍した菊池契月、甲斐荘楠音、
玉村方久斗(私の好きな軽井沢ヴィラデストのオーナー玉村豊男さんのお父さんです)等の作品も展示されていて当時の日本画の時代性が出ています。



e0154682_22345287.jpg


2つも展覧会を観ると さすがに疲れます。

美術館のカフェのカフェオーレの美味しかったこと!



今日観た2つの展覧会・・・
その二人の作者 有元利夫も岡本神草も
38歳という若さで亡くなった画家でした。


有元利夫は 
「才能は自分の外にあって いつもそれが配達されるのを待っている」
・・・と語っていますし

岡本神草は
「孤独なる生活はよき芸術を生む。よき芸術人は孤独なる生活を営む。」
と書いています。



短い画業の中で 
それぞれの世界観をこれだけはっきりと打ち出したその個性が素晴らしい・・
と思いました。



e0154682_22343361.jpg


美術館を出るともう夕暮れでいました。

この右に平安神宮の赤鳥居があります。
バスやタクシーを待つ人であふれていました。



『有元利夫展』
12月10日まで
アサヒビール大山崎山荘美術館
京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
TEL:075-957-3123
阪急大山崎駅前やJR山崎駅前から無料送迎バスがあります。



『岡本神草の時代展』
12月10日まで
京都国立近代美術館
京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
Tel 075-761-9617





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-11-23 22:27 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆5000人目・・

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_15114355.jpg


一昨日 雨が止んだ日姫路へ行っていました。
『リアルのゆくえ』という展覧会を観に姫路市立美術館へ・・・。

このポスターからも分かるように
日本の洋画の黎明期 
写実にこだわって
どうにかして日本に洋画を根付かせたいと頑張った画家たちの作品から
現代の写実の作品まで
時代を追いながら展示しています。

このポスターの右は 高橋由一の「鮭」
左は
その高橋由一へのオマージュとして磯江毅が描いた「鮭」です。


 


e0154682_15070568.jpg


高橋が描いたのは幕末
磯江が描いたのは2003年

150年以上の時を経て
どう変わっていったのか どう違うのか・・・なかなか分からないけれど
写実表現のルーツのような高橋由一の「鮭」・・・
当時 柱にこの絵がかけられていたら
本物だと間違って人々がびっくりしたそうです。

かたや・・・まるで写真のようにリアルな磯江の「鮭」

この日 学芸員さんにお話を聞く機会があって
いろいろお勉強できたんですが
「写実」と「リアル」は違う・・・ということが
なんとなく・・・少し・・・分かるような気がした・・・かも・・💦




e0154682_15094731.jpg


そして大正時代に現れた偉才 岸田劉生。
高橋由一の写実表現を引き継ぐように活躍するんですね。
でも もっと精神的な写実表現・・・
今回岸田劉生の作品 6~7点展示されていました。


写実表現というのも 時代と共に複雑に変化して
いろんなものと融合したり切り捨てたり追求したり・・・
そして人間の内面に深く切り込んだり・・・
でも ただひたすら写実にこだわり続けた作品が並んでいました。



e0154682_15100412.jpg


その中でふと足を止めたのが 犬塚勉の「梅雨の晴れ間」でした。

それまでいろんな写実の作品を見ていながら
これっ・・・写真・・と思ってしまう私。
えっ・・・ちがうね・・・描いてる!

でも どう見ても1枚の写真に見える。



e0154682_15102892.jpg


でも・・細部を見ると 筆の跡があります。
下草の1本1本・・・
影と日なた・・・
草の中から生えた1本の雑草も・・・

アクリル絵の具で丁寧に描かれています。

もう・・・ビックリでした。



e0154682_15104306.jpg


そして 吉村芳生の「コスモス」も・・・
左のページは写真ですよね。


e0154682_15105757.jpg


でも細部を見ると・・・
花びらの1枚1枚 葉っぱの一つ一つ・・・
色鉛筆で描かれています。
右の端っこの方に少し下書きが見えます。

光を受けて 透ける花びらの重なりや 映りこむ葉っぱ・・・
繊細で緻密な表現・・・
これをただ「リアル」・・・と言えないような気がしてきました。


e0154682_15111317.jpg


最後に もう一つの「鮭」がありました。
木下晋の作品です。


e0154682_15113070.jpg


10Hから10Bまでの鉛筆を使って
22段階の濃淡で表現していくのだそうです。



写実って何だろう・・・

本当に見えるままをを表現するなら
写真や映像を使えばいいわけで
それを絵で表現しようとする・・・・

単に見た事実だけを描くのではなく自分の内なる何かを表現しようとする
こだわり続ける画家たちの終わりのない挑戦なんだろうか・・・
と思ったりしました。


そして展示作品で ご存命の画家の方が
『私にとってのリアルとは・・』

という問いに答えている文章が作品の横にあって 
大変興味深かったです。



あ~~難しいけど 面白い!



e0154682_18212871.jpg


さて 姫路市立美術館は
JR姫路駅を降りて10分ほど歩いたところにあります。
駅を降りるとすぐに姫路城!
綺麗!


e0154682_18211303.jpg


改修が終わったあとはまだ行ってないけれど 見た目に白い!

立ち姿が綺麗です。



美術館はお城のすぐそばにあります。

お城の周りには いろんな施設が集まっているので
分かりやすいです。



e0154682_18205599.jpg


旧陸軍の兵器庫だった明治時代の赤レンガの建物
羨ましくなるほど広々とした敷地に建てられています。



e0154682_18275466.jpg


実はこの日美術館でチケットを買った途端 呼び止められました!
館の方に・・・

この展覧会の入場者のちょうど5000人目だったんだそうです。
びっくりです。
よくニュースで見たことありますが 
まさか自分がそんな場面に出くわすとは・・・
5000人目・・・



e0154682_18215650.jpg


そのお祝いにプレゼントをいただきました。

めっちゃ嬉しかったのが・・・図録です。
買うつもりでいたので嬉しい~~♪
(3000円です)
それにポストカードや クリアファイル 
猫のボックスには栄太郎飴が入っていました。

この猫の絵は 長谷川潾二郎の「猫」という作品です。
(実物はもっと大きいですが・・)
自分で飼っていた猫ですが
1年のうち寒くなる前に一時的にしかとらないポーズを描くために
完成までに7年もかかったそうです。
同じポーズをなかなかとってくれず
描けなかった髭を描き足したのは
猫が亡くなってからだったそうです。
「たろうくん」という猫なんだそうです。
毛並みが綺麗で
ところどころキラキラ光る物質が絵の具と一緒に塗られていました。



面白くてとても勉強になった展覧会でした。
そして5000人目のラッキーにもめぐり合えて
何かいいこと起こりそう・・・~♪




以前の姫路市立美術館の記事はこちら→



『リアルのゆくえ』展
11月5日まで開催しています。




いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-10-19 23:24 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆『小磯良平記念美術館』へ

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22402527.jpg


昨日はボランティアで兵庫県立美術館へ行っていました。
8月はお休みしていたので久しぶり!

今美術館では『怖い絵』展が開催されています。
(7月22日~9月18日)
まだ観ていなかったので
ボランテイアのガイドツアーが始まる前に観よう~・・・
と少し早く美術館へ行ったんですが
凄い人でした。
チケットを買う列が3~4列
そして会場への入場制限で長蛇の列・・・


広いエントランスが人で埋め尽くされていました。
これだけ混むのも久しぶり・・・


e0154682_22411472.jpg


観るのは諦めました・・・💦
多分 会場もたくさんの人でゆっくり観れないかと・・・
週末は混みますね。
なかなか見れない怖い絵・・・・ヤッパリ平日ですね。



e0154682_22413270.jpg


・・・でゆったり観れたのが『小磯良平記念美術館』

開館25周年記念の特別企画で
3000点の収蔵品の中から小磯の名作が公開されると聞いて
来てみたかったんですが
最終日になってしまいました。
でも 沢山の名品が観れて・・・来てよかったです。

小磯良平記念美術館は神戸の六甲アイランドにあります。
建物が丸い回廊で繋がれています。


e0154682_22415063.jpg


中に入ると中庭にある 復元された小磯のアトリエが見えます。
このアトリエを囲むように回廊があって
その周りに展示室やショップやカフェがあります。



e0154682_22420491.jpg


出口近くにこんなコーナーがありました。
小磯の絵によく描かれていたテーブルや椅子やリュートやガラスの器など・・
(アトリエの内部を模したもの)
きっとあの椅子に座って小磯になりきって記念撮影・・
できるんでしょうね。

観たかった絵も見れて満足でした。



e0154682_22421836.jpg


今回夏休み企画ということで
子どものための鑑賞ガイドという
こんなA4の半分のサイズのカードが置かれていました。
持ち帰ることができて
1枚1枚裏に この絵の説明が書かれています。

展示室の絵のキャプション(説明)も
子ども向けに丁寧に書かれていてルビもふられていました。


美術館って 
子どもが行きたいと思う、子どもが楽しめる・・・
そのためにワークショップやイベントが企画されています。
でも展示室の中で 
子どもに親切で丁寧な展示がされるって凄いなって思います。
夏休みだから・・・なんでしょうけれど
子どもに「分かりやすい」って大事ですね。

この日もお母さんと一緒に小学生の子どもが来ていました。
楽しそうに見ていましたよ。


来年の夏休みは 
K君やR君と一緒に来よう・・・って思いました。




小磯良平記念美術館
神戸市東灘区向洋町中5丁目7
Tel:078-857-5880

9月16日からは
『フランス近代絵画と珠玉のラリック展』が
開催されるようです。





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-09-05 00:08 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆軽井沢の美術館『ル・ヴァン』&『脇田和美術館』

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_00235995.jpg


軽井沢にある美術館で
また一つ お気に入りが見つかりました。
『ル・ヴァン美術館』です。

軽井沢バイパスより南にあって
毎年行く 女子プロツアーのある72ゴルフ場のすぐ近くにあるので
横を通っているはずなのに 今まで気づかなくて・・・
それもそのはず・・・高い樹々に覆われて奥まった静かな場所にありました。

コルビジェに関する展覧会と知って来たんですが
ここに立って はぁ~~・・・と息を吐いてしばらく見とれました。

凄い!・・この雰囲気!

大きな大きな木々 緩やかに曲がった小道が入り口まで続いていて
この日も霧が出ていたので
本当におとぎの国に来たみたいでした。

e0154682_00242504.jpg


感激して なかなか中へ入れない。
綺麗な芝が続いて
白いいテラスが見えて
イギリスのコテージのよう・・・
左の庭に花が咲き乱れていたらイングリッシュガーデン・・・
素敵!
この風景でノックアウトでした。



e0154682_00253722.jpg


室内もいい雰囲気 天井も勾配があって大空間です。
重厚感があって落ちつけていい気持・・・

庭に向かう窓が美しい。


グランドピアノがあって
ここではコンサートなどが開かれているそうです。




e0154682_00244443.jpg


今は 11月5日まで
『同時代を生きた芸術家 ル・コルビジェ 西村伊作 』
という企画展が開催されています。



e0154682_00250089.jpg


この美術館の建物は 
文化学院を創設した西村伊作が
その校舎をほぼ再現して作ったものなんだそうです。

常設展も
文化学院の教育に携わった芸術家たちの作品を展示しています。

床のフロ-リングがヘリンボーンに張ってあってとっても綺麗です。




e0154682_00252012.jpg


展示室は3つあってどの窓からも庭が見えます。



e0154682_00255684.jpg


霧に霞む庭が見えます・・・
なんだかロマンチック・・・♪




e0154682_00270854.jpg


展示室からテラスに出るとカフェやショップがあります。



e0154682_00265275.jpg


テラスでお茶したらとってもいい気持ち・・・・
このデッキも綺麗で
今度我が家のデッキ作りの参考に・・・
こんなふうにはでいないな・・・
でもいいな・・・と。


e0154682_00262581.jpg

広い芝庭には 釣瓶のついた井戸が・・・
あ~~日本じゃないみたい・・・



e0154682_00281338.jpg


そしてエントランスから逆の庭へ出ると
今もバラが咲くローズガーデンがありました。



e0154682_00283914.jpg


左上はデンティベスですね・・コガネムシがいます・・
右上はアイスバーグ
下の二つはわかりません・・・



e0154682_00305354.jpg

e0154682_13380954.jpg

バラの季節は美しいでしょうね。
ちょっと前まで中央の噴水が上がっていたんですが・・・

風見鶏のついたとんがり屋根
六角形の建物から左右に展示室が分かれています。




e0154682_13412914.jpg


西村伊作とコルビジェ 
それに伊作の二女の夫 建築家の阪倉準三とコルビジェとの関係など
展示も面白くて魅力的でした。

ここに
お天気のいい日に来たらどんなだろう~・・・
バラが咲き乱れるころはどんなだろう・・・
と想像させる この美術館自体も魅力的でした。

来年も来ると思います。


『ル・ヴァン美術館』→ 




e0154682_00313278.jpg


もう一つは『脇田 和美術館』です。

ここはル・ヴァンと違ってコンクリートとガラスが多用されたモダンな建物です。

軽井沢の駅からも10分ぐらいで行ける
旧軽の手前にあります。
(駐車場もあります)


手前の鉄の彫刻も斬新!


e0154682_13580786.jpg


入り口のガラスドアを開けるとすぐに作品が展示されています。




e0154682_00321323.jpg


2階から周って観るようになっています。
ここは大空間。

やはりル・ヴァンとは正反対の建物・・・
大理石の床に白い壁
照明の色
スリットのガラスの窓・・・
でも ここにもグランドピアノがあって 
やっぱりコンサートができる会場になっています。


e0154682_00324373.jpg


第2室へは細い廊下があって
ここにも作品が展示されています。



e0154682_00325970.jpg


途中に面白い展示がありました。

きっと画家が普段愛用していたものや身近に置いていたものなんですね。


e0154682_00331271.jpg


ホッ・・・と
 心が温かくなるような楽しいものがいっぱい!
ドライのアナベルや葉脈の透ける枯葉、
チョコレートの箱のケースに作った顔や鳥
ワインのコルクの栓や缶をクルクルッと開けるので作った動物・・

どこかで・・・
そうそう・・丸亀の猪熊弦一郎美術館でも こんなふうに
画家の好きなものがいっぱい集めて展示されていたことを思い出しました。
楽しい!


e0154682_00391439.jpg


廊下の窓からお庭が見えました。
あの木造の建物・・・

脇田和のアトリエ山荘・・・


e0154682_00342159.jpg


その模型が1つ目の展示室にありました。
友人の建築家 吉村順三の設計だそうです。
モダンな建物・・・


その山荘を囲むように美術館が建っています。



e0154682_00333179.jpg

2つ目の展示室
ここにも革のソファーが置かれて
ゆったり作品が見れるようになっています。




e0154682_00335953.jpg


1階に降りるとカフェとショップがありますが
全面ガラスの窓からアトリエ山荘が見えます。




e0154682_00352570.jpg


そして3つ目の1階の展示室

この壁面の絵はダイナミック!
じっと見ていても まだ観たりない・・・
楽しい作品でした。



e0154682_00355303.jpg


4つ目の展示室


e0154682_23451568.jpg


今回は『鳥と、慈しむものたちと。』
というテーマで展示されています。



e0154682_23170126.jpg

脇田和は小磯良平と同時期活躍した画家です。
国際的にも活躍していた時
肋膜を患って絵も描けなくなりますが その時一羽の鳥を友人から贈られます。
この鳥との出会いが 生涯にわたって脇田を絵の世界へと導いた・・・と。

一羽の鳥と対話することが 
心のよりどころとなっていたんでしょうか・・




e0154682_23173816.jpg

なので・・・
絵を見ていると
とても自由で 生きているものが愛しくなるような
そんな優しさを感じます。




e0154682_23171705.jpg


身近な愛しいものたちを描く 
画家の温かなまなざしが感じられます。


自由でリズミカルだったり
面白いコラージュがあったり
私は脇田和の作品の色合いが大好きになりました。




e0154682_00362112.jpg




e0154682_00360928.jpg


こんな立体作品もありました。

楽しい!




e0154682_00394606.jpg


ゆったり優しい気持ちになれる・・・そんな作品がいっぱいでした。


軽井沢には 
こじんまりとしたとても充実した美術館がたくさんあるんだ・・・と
再認識したのでした。
ここもお気に入りの美術館になりそうです。


『脇田和美術館』→




軽井沢の美術館 →   






いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-08-18 00:13 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆『田嶋悦子展』・・西宮市大谷美術館

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります


e0154682_23085460.jpg
綺麗でした~!!
感動して しばらくじ~~と見入ってしまいました。


その展覧会・・・
西宮にある大谷美術館で開催されている
陶芸家の『田嶋悦子展』を観てきました。


このパンフレットの作品を見たくて・・・




e0154682_22541524.jpg


(作品の写真は購入した図録を写したものです)

こんなにたくさん・・・ほんと いくつあるのか数えれないぐらい
並んでいました。


e0154682_22542938.jpg


最新の作品 『Records』

これ・・質感から磁器かな・・と思いましたが
土なんだそうです。

アジサイの葉っぱの裏側を土が乾かないうちに押し付けて
葉脈などの型を付け
焼いてから色を流したんだそうです。
裏側は黄色に塗られています。
そこに板ガラスを組み合わせています。

土は 
アジサイの生き生きとした生命感 その瞬間を写し取って
焼成することで永続的なものになるけれど
透明なガラスという
その存在より その向こう側の景色を写したり
光を反射したり・・・
見る側の意識で現れたり消えたりする・・・

陶とガラスを組み合わせることで
見る人との関係や作品の置かれた状況によって
その印象が変化していく作品になっています。




e0154682_22554263.jpg


『Flowers 13』
これは東北の震災が起こった後で作られた作品だそうです。

黄色い花がすっと立ち 
その中心から透明のガラス菅が天空へ伸び上がろうとしています。

ガラスは再生ガラスを使っていて
・・・再生・・震災からの復興再生・・・
熱を加えれば何度でも姿を変えるガラス
まるで生き物のようで 
ガラスの再生力にひたすら感動しながら作られたんだそうです。


e0154682_22555615.jpg


作品には作者の意図が反映されていて・・・
細い茎で不安定に立つ姿は緊張感があって
伸びあがるガラスに未来の希望を託しています



e0154682_22562167.jpg


『Hip Island』
これは30年ほど前の作品で
巨大で色鮮やか・・・とっても楽しい。

派手なものが流行ったバブルのころの作品
作品は時代を映しますね。



e0154682_22552034.jpg


『Cornucopia 08-1』

もう一つ・・・私が離れられなくなった作品

白い部分が陶で青紫がガラスです。

伸びやかで豊かで柔らかなライン

あ~~美しい!



e0154682_22544662.jpg


『Cornucopia  97-1』

このキノコのような可愛い形にも見とれてしまいました。

紫ピンクのガラスが5つの葉っぱを突き抜けて伸びているようです。



e0154682_22535961.jpg


実はこの日 作者の田嶋先生が来館されていて
勇気を出してお声を掛けたら
とても気さくにお話ししてくださいました。
嬉しかった~~~♪
図録にサインまでいただいたりなんかして・・・(嬉)


陶とガラス・・・
組み合わせることでそれぞれの特徴や質感がより浮き出て
素晴らしいハーモニーを奏でています。


図録に書かれていた田嶋先生の言葉・・・

「私にとって『やきもの』を作るということは
その時折の出来事や感情を記録として留め
時空を超えて伝えたいという意思の現れなのかもしれない」

久々に感動した素敵な展覧会でした。





e0154682_23065897.jpg


西宮市大谷美術館は
昭和電極社長だった故大谷竹次郎氏より、
土地建物、美術作品の寄贈を受け
1972(昭和47)年11月に開館した美術館です


e0154682_23064094.jpg


エントランスからの庭の眺めは
いつもよくお手入れされていて本当に素晴らしい。

水と緑の美しい庭園を持つ美術館です。



お庭の様子は以前の記事から・・・




『田嶋悦子展』は7月30日まで開催しています。
お近くの方は是非・・・お勧めです。





西宮市大谷美術館
西宮市中浜町4番38号
TEL 0798-33-0164
駐車場あります。





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-07-27 00:44 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆『マティスとルオー』展・・・あべのハルカス美術館

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_00031302.jpg

バラが咲き 風が吹き渡るお庭ばかり出かけていましたが
今日は都会のビル・・上空にある美術館に行ってきました。

大阪あべのハルカス・・というと3年前に建った日本一高いビルで有名ですが
その16階にある あべのハルカス美術館で開催されている
『マティスとルオー 友情50年の物語』展を観ました。


e0154682_23560382.jpg


アンリ・マティスもジョルジュ・ルオーも好きな画家ですが
二人はパリの美術学校の同級生で 生涯の友人だったそうです。
情報を交換したり お互いの創作活動を支援したり
健康を気遣ったり・・・最近になって発見された二人の手紙を展示しながら
個性豊かなそれぞれの作品を紹介しています。

e0154682_00133863.jpg


マティスよりルオーの作品が多かったんですが
ルオーの「聖書の風景」や「窓辺の静物」を観ると 
なんだか見入ってしまうほど 心惹かれるものがありました。

初期の作品は 暗い色調でびっくりしましたが
晩年 ルオーの絵の特徴の黒くて太い輪郭線が現れ
鮮やかな明るい色調に変わっていきます。
黒い輪郭線は 若いとき ステンドグラス職人だったので
その影響ともいわれています。



e0154682_00250410.jpg


「窓辺の静物」

黒い色を主体にしているけれど
なんだか色が透明感があって鮮やかで・・いいな~・・・。

ルオーは宗教画家と言われてキリストを主題に多くの絵を描きましたが
社会の底辺に生きる人々・・・
サーカスの芸人や道化、娼婦なども多く制作しました。


二人の絵を比べるとなんだか対照的・・

ルオーは 人間の内面を描き続け
晩年は 黒い輪郭線と鮮やかな色・・・
そしてどんどん絵の具を積み重ね厚塗りになっていきます。
納得のいかない作品は決して世に出さなかった画家。

マティスは装飾的で原色・・どんどん単純化して
晩年はカットアウト・・・切り紙絵・・と言われる作品を
数多く制作しました。

どちらかというと今までマティスの方が気になる画家でしたが
今日ルオーの「窓辺の静物」などの作品を見て
う~~ん・・いいな~・・って。


二人の手紙が展示されていますが
読んでいるとお互いを思う気持ちに溢れていて
生涯友情で繋がっていたことが分かります。
今のようにメールやLINEなどなかった時代
手紙はとても貴重な存在だったんですね。


『この暗い時代にあっては なおのこと逞しく行動することが大切だ。
もし僕が 感傷癖に冒されていたら 
こうして便りを書くこともできなかったろう・・・』

ちょっと心に残ったルオーからマティスのあてた手紙の一節・・・




美術館のあるフロアは16階ですが・・・

e0154682_00574651.jpg


ハルカスの模型がありました。

最上階は60階 300m・・・
階段状に高くなっているのが分かります。

e0154682_00582570.jpg


この16階には木々が植えられているテラスがあります。

e0154682_00590145.jpg


それがここです。

上からみると木が小さく見えますが・・・


e0154682_01015216.jpg


テラスに出てみると 大きな色々な種類の木がありました。


e0154682_01031712.jpg


木を囲った白いベンチに 何が植えられてるのか
写真入りで紹介されています。
すごい親切!

e0154682_01053207.jpg


16階からの眺め・・・
雨が降りそうで ちょっともやってるのですが 遠くまで見えますね~・・♪

でも展望台へはもっとお天気のいい日がいいということで
地上に降りることに・・・


e0154682_01043994.jpg


地上を見下ろすと・・・・
車がおもちゃのように見えます。



e0154682_01081025.jpg


ちょっと歩いて近くの四天王寺に行きました。
初めて・・・




e0154682_01075363.jpg


 聖徳太子が四天王像を安置するために建立されたのが
四天王寺なんだそうです。

この五重塔の内部に日本画家・山下摩起の壁画があると聞いて
観に来ました。
凄くダイナミックな仏画でした。

いろいろ見て回って・・・時間も忘れました。


久し振りの美術館・・・やっぱり楽しかった♪



『マティスとルオー 友情50年の物語』→
5月28日まで開催しています。

ハルカスは天王寺駅降りてすぐにあって
アクセスがとてもいいので便利です。
夜8時まで開館しているみたいです。

e0154682_01253486.jpg


グッズ売り場も広くて充実していて 楽しいものがたくさんありました。



今日の写真はスマホでした。





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-05-24 23:48 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)

◆『新宮晋の宇宙船』・・・兵庫県立美術館「美術館の日」

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります


e0154682_00494794.jpg
今 兵庫県立美術館では
『新宮晋の宇宙船』の特別展が開催されています。

新宮晋は現在三田市でアトリエを構えて活動されている彫刻家です。
目に見えない風や水で動く立体作品を作り
世界中にその作品が設置されている 世界的に有名なアーテイストです。


実は新宮晋が生まれて東京芸術大学へ通うまでは
我が家のすぐ近くに住まわれていたんだそうです。
なのでとても親近感が持てて(一方的に!)大好きなアーテイストの一人です。
以前 三田のアトリエに伺った時のことは→


特別展の会期中 
ボランテイアで美術館に行くたび何度も展覧会を観れて本当に嬉しくて・・・

そして 昨日は8歳になった孫のK君と観に行ってきました。

K君 描いたり作ったりすることが大好きなので
是非見せてあげたかったんです。



e0154682_00411035.jpg


館の入り口にも作品があります。
「風の門」
風を受けてゆったりと動きます。






e0154682_00415399.jpg


会場の入り口には「星の海」

黄色いカーボンファイバー・・軽い素材で作られた
中央に丸い穴が開いた四角がそれぞれの方向へフワフワと動きます。

この階段の大空間に吊るされた作品 黄色いので目立っていて
見とれていると階段を踏み外しそうになりました(笑)



e0154682_23240722.jpg
今回の展覧会の図録は こんな絵本のようになっています。
ページを開くと ・・・・

e0154682_17251485.jpg

こんな風に構想図・・・プラン図 設計図っていうんでしょうか・・・
サイズや風の動きが矢印で書かれています。
とっても面白いのです。

今回の作品は特に軽い素材・・・超軽量彫刻が中心で
わずかな風で複雑な動きをします。




e0154682_17324321.jpg

「雲の日記」

これは一番最初に展示されている作品ですが
黄色い細長いカーブを描く形が たくさん集まって
雲なのか・・・何かの装置なのか・・・記憶の形なのか・・・



展示室の壁には新宮さんの言葉が書かれています。

『雲は風にのって移動しながら その姿を無限にかえる』


e0154682_17343950.jpg


「小さな宇宙」


『空気は気圧を一定に保つために恐ろしいほどの几帳面さで移動する。
それが風だ。
風は地球上のすべての形を造形する。』



e0154682_23212710.jpg


途中 光の庭に設置された「雨に乾杯Ⅱ」は撮影OKでした。
上からシャワーの雨ように水が降り注ぐのを 金属のカップが水を受け
溜まって重くなると複雑な動きをして下を向き
水がざ~と流れます。



『雨は空からのメッセージ。
地上にさまざまな生命を生み それを育ててきた。』




e0154682_17341534.jpg


「月の舟」


e0154682_17551625.jpg


「オーロラ」


e0154682_17333425.jpg


「時の流れ」


e0154682_17331787.jpg


「小さな花」


『背が伸びるにしたがって茎は太く強くなる。
地上の変化は地下に伝えられ 根は強化される。
自然の構造計算には無駄がない』




e0154682_22380726.jpg

「小さな惑星」

この作品は圧巻でした。

アルミとステンレスで作られた 
ちょっと真ん中が膨らんだ3つが左右対称に並んでいます。
吊るされた管から水が流れて それが伝わって一番端のところまで来ると
ざ~~と たまった水が口から出るように下へ流れます。

その動きも面白いのですが
暗い部屋で作品にスポットライトが当てられているので
その細長い形の光が壁に反射して
動くたびに
光も部屋中走り回るのです。
なんと楽しいこと!

そう・・まるで宇宙の惑星!


K君は10分ぐらいじっと座って 
その走る光と
動く金属
流れる水・・・
楽しそうに 何かを期待するように見入っていました。



いくつかの展示室にはソファーがあって 
ゆっくりと動きを眺められるようになっています。


観終わってK君も「面白い~~」「凄~い」「どうなってんの・・?」の連発!


本当に楽しい・・・・・
絶妙のバランスを保ちながら 見えないわずかな風で動く・・・
水を自由に操る・・・
 この作品を生み出すエネルギーこそ凄いな・・と思いました。




e0154682_22385289.jpg

会場を出るとマケット(模型)があります。
これが・・・可愛くて・・・楽しい・。



e0154682_22240463.jpg


でも 実物の縮小版なので販売されていなくて・・・
一つでもいいから家に置きたいな・・・・


実は22日23日は兵庫県立美術館が4月に開館したことを記念して
毎年「美術館の日」としていろんなイベントが行われています。

昨日もK君と七不思議ツアーに参加したり・・・
いろんなクイズに答えてグッズをもらったり・・・
絵本の部屋があったり・・・
子どもも大人も楽しめる2日間になっています。

e0154682_22342147.jpg
七不思議ツアーで美術館のおへそ・・
と呼ばれるらせん階段を走り回っていました。
ついていけませ~ん・・・💦💦



e0154682_22295826.jpg

カフェでランチ!

「トマト 苦手・・」と言いながら食べてました。
K君はハヤシライス
私はドライカレー
最近 カフェのメニューは こんなランチパックになっています。
ちょっと量が少ないかも・・・💦



e0154682_22363035.jpg

カフェの外のテーブルでランチしましたが 気持ちいい~~♪

その時 K君見つけました!
「虹!」

雨も降ってないのにね・・・
雲のようにフワフワした虹でした。

いいお天気で楽しい展覧会でした。

子どもも楽しめる新宮晋展です。





e0154682_22291369.jpg


・・・・で 今日も友人を案内して美術館へ行っていました。
(この写真の下にあるらせん階段が美術館のおへそ・・です)

 11時から15分間  新宮晋展のスライド解説
11時30分から1時間    七不思議ツアー
ランチして・・・
13時から45分間 ボランテイアのガイドツアー
(常設展1F)
その後私と常設展2Fを見て・・・
そして・・やっと新宮晋展を観る・・・・

・・・という超ハードな一日でした。



でも 美術館で一日芸術に浸る・・・というのも
たまにはいいかも・・・です♪


新宮晋展 本当に楽しい展覧会です。
お勧めです。


『新宮晋の宇宙船』
5月7日まで開催しています。



e0154682_23043062.jpg
美術館からの帰り道 八重の遅い桜が綺麗でした。

もう春が足早に通り過ぎて 初夏の陽気でした。





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-04-23 23:09 | ★美術館の展覧会 | Comments(0)