人気ブログランキング |

カテゴリ:★旅行( 48 )

◆九州へ・・その3 高千穂


人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_20291649.jpg


3日目は宮崎県の高千穂へ・・・

高千穂もず~と行ってみたい場所でした。
神々が住む・・・
神秘的な場所
・・というイメージでした。

ここは高千穂峡・・・



e0154682_20295590.jpg


深い山奥の岩山に囲まれた細い渓谷・・・
澄んだ水・・・
ほとばしる滝・・・
迫力があって 本当に神秘的!

この滝の下まで貸ボートで行けるんですが
女二人で・・か弱いのに・・・無理・・な~んちゃって!
ほんとは行ってみたかった~~
(時間がなかったんです)

一番右端の岩にくっついてるボート(赤い人)が
何かあった時のお助けボート…のようです。
ず~~と滝のそばなんて 寒いでしょうね・・



e0154682_20305865.jpg


古代からず~と続く悠久の自然・・・
この山奥でどうして神話が生まれたのか・・
不思議なほど厳しい自然に囲まれています。

この渓谷を歩いていると
マイナスイオンがいっぱいなんでしょうね・・・
清々しい気持ちになりました。



e0154682_21021107.jpg

高千穂峡は、その昔 阿蘇の火山から噴出した火砕流が
五ヶ瀬川に沿って流れ出し
急激に冷されたために柱状の岩の崖となった渓谷だそうです。




e0154682_20290629.jpg


紅葉もまだ残っていました



e0154682_20473434.jpg




近くの天岩戸神社に参拝しました。
ここでは宮司さんの説明を聞いて神社の中を巡りました。

宮司さんが神話と神社の由来を説明されました。
 天照大神が 乱暴をはたらいたスサノオノミコトに怒って
天の岩戸に隠れられて世界が真っ暗になってしまった・・という神話

その隠れた洞窟が神社の川を挟んだ向かいにあるそうです。
・・で その時アメノウズメが舞を舞った場所が
そこから400mほどのところにあり・・・

困った八百万の神が集まった大洞窟が
天岩戸神社から15分ほど歩いた天安河原という場所にあって
(写真左下)
そこまで行くと空気が違ってくる感じがしました。
その天安河原では 石を積むと願いがかなう言われていたので
いっぱい石が積まれていました。
(写真右下)
高かったり・・・2~3個だったり・・・
それでその河原にはもう石がありませんでした。



日常を離れて古に思いをはせ・・・
普段ダルダルの精神がこの時だけはシャキッとなったような・・
気がした・・だけかな・・?



e0154682_21030571.jpg

午後には高千穂の街まで降りてきて・・・
高千穂神社にもお参りしました。
イチョウが綺麗・・

高い高い木々 苔むした木々に囲まれて
悠久の昔からず~とこのままなんだと思うと
自分がここにいることが不思議な気がしました。


e0154682_21153060.jpg

夜 夕食の後 7時からこの神楽殿で夜神楽が催されていました。
夜神楽は11月から翌年の2月ごろまで
町内の集落で夜通し奉納する昔からの神事だそうです。

でもこの高千穂神社では毎日行われています。

面白かったです。
夜神楽の代表的な演目4番が舞われますが
アメノウズメは優しい女の舞だし
天岩戸を開ける舞は迫力があるし
(岩戸は長野の戸隠まで飛んでいったそうですよ・・)
その舞の説明も楽しいし・・・
この地域に根付いた・・この地の人たちが延々と受け継いできた神事・・
こういうのって大切だな~・・と思います。




e0154682_21171754.jpg


さて・・4日目は山奥から熊本まで降りてきました。
熊本城です。
大きい~~

そばのイチョウの木も大きい~~~
・・というより巨大!


e0154682_20301320.jpg


内部も観覧できますが 立派・・・
とても手入れが行き届いて見やすいし
ボランテイアの方がたくさんいてよく説明してもらえます。

e0154682_17305032.jpg



加藤清正が建てた熊本城が細川氏へ受け継がれていった・・というのも
詳しく教えていただけました。



e0154682_21202512.jpg


熊本の街にはまだ市電があって懐かしい感じがします。
その上を見るとビルには「くまモン」
可愛いね!




e0154682_21305665.png

くまモングッズ・・・買いました~!

e0154682_21314624.png

ゆるキャラってあまり興味はないんだけれど
くまモンだけは別で なぜか好きです。
凄くデザイン的で色もよくて
誰が見てもにっこり・・・


高千穂で神妙になったり・・
熊本でくまモンに夢中になったり・・
ハウステンボスで遊びまわったり・・・
でもやっぱり・・
黒川温泉でゆったりできたのが一番でした。


東京に住むもう40年来の友人と 
子育てが終わってから1年に1度一緒に旅することにしています。
なんでも話せる 何でも許してくれる友がいてくれて
本当に幸せだと思います。
  


長い旅のお話・・・
最後まで読んでいただいてありがとうございました。


明日はめっきり寒くなるみたい・・・
今日はデッキの観葉植物たちを部屋に入れました。






いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2014-12-01 23:05 | ★旅行 | Comments(0)

◆九州へ・・その2 黒川温泉

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_00141112.jpg

2日目は熊本県の黒川温泉へ行きました。
途中阿蘇山の草千里に寄りましたが 
霧で雄大な阿蘇を望めなくてちょっと残念!
山を越えて・・
黒川温泉まで来るといいお天気でした。

黒川温泉はもう何年も前から行ってみたい温泉の一つでした。
山の奥深く アクセスのあまりよくない場所の温泉宿・・・
もうそれだけで落ち着く感じがします。


e0154682_00131395.jpg


黒川温泉は熊本市街から3時間ほど・・・
もう熊本県と大分県の県境にあります。

e0154682_18495682.jpg

黒川温泉には有名なスポットも お店も 一押しの食べ物もないのに
なぜここが人気の温泉なのか来てわかりました。
歴史ある佇まいが その空気感が
普段味わえないゆとりを取り戻させてくれる・・・
そんな気がしました。


e0154682_18513193.jpg



温泉街は1時間もあればぐるりと歩いて回れるほどのこじんまりした街です。
道は細くて坂が多くて
でも賑やかな温泉街にはない落ち着いたしっとりした良さがあります。




e0154682_18575763.jpg


ところどころにあるお店もセンスがあって
地元の方々が親切であったかかっくて・・
まだ紅葉も残っていて・・
来てよかったです。


e0154682_00403029.jpg



多くの宿や民家の軒先には
トウモロコシの乾燥したものがつるされていました。
あまり意味はないそうで 
ちょっと古民家の感じや田舎の雰囲気作りだそうです。




e0154682_00152276.jpg


さて・・・
お宿は 行きたい旅館の一つだった「黒川荘」です。


黒川荘はちょっと町の中心からはずれの川沿いにあります
(・・といっても10分も歩けば到着します)

黒川温泉って あまり大きなお宿はなくて
どこもこじんまりしていてそれぞれ特徴があります。



e0154682_19520583.jpg


落ち着いた本当にいいお宿でした。
お部屋の窓べ(南側)は 
よく椅子のセットが置かれて外を眺めるようになっていますが
ここは縁側になっていて下駄をはいて座って外を眺められます。
そのままバルコニーにも出れていい気持でした。

右下の洗面所はドーム型の屋根に和紙が貼られていて
外の廊下を通ると ほんのり明かりが漏れてそれは風情がありました。




e0154682_19451805.jpg


お宿に着いたら浴衣に着替えて温泉巡りです。
右の丸い木の札・・・入湯手形を買ってGo!

入湯手形で3軒回れます。
3軒だけっ?・・・って思ってたけれど
3軒回って十分でした・・・疲れる~~

上から「いこい旅館」・・・美人湯とよばれるお湯
・・なので一番に行きました(笑)

中は「南城苑」・・温泉街が一望できて ここのお湯はしっとりいいお湯でした。
温泉顔蒸器とかあって 
木をくりぬいて顔をお湯にかざすようになってるんですが 
熱い・・・

下は「新明館」・・・ここは洞窟風呂で有名で 
初めて岩の洞窟の温泉に入りました。
一人だと怖かったかも・・・
でも慣れると洞窟をぐるぐるまわれて面白いんですが
小さな旅館で脱衣所も狭くて大賑わいでした。
楽しかった~


黒川荘のお風呂は やはり透明なグリーンのお湯もいいし
何より露天風呂の景色が 
遠くに岩壁があって近くに紅葉した木々があって一番よかったです。



e0154682_00125553.jpg


お料理です。
馬刺し(上中)を初めていただきましたが あっさりして美味しいんですね。
手をかけたお料理で特に器が素敵でした。
中央の銀色のお椀・・・銀色の漆器っていいですね~
ご飯は焼きおにぎりのお茶漬けで美味しかった!




e0154682_18590742.jpg


お店には「くまもん」がいっぱい。




e0154682_19550616.jpg


暮れてきた空には三日月がくっきり見えて星が綺麗でした。
聞こえるのは川のせせらぎだけ・・・
あ~~もっといたかった・・・・










いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2014-11-30 19:30 | ★旅行 | Comments(2)

◆九州へ・・その1 長崎ハウステンボス

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_23081250.jpg


ここはどこ・・?

オランダみたいですが長崎のハウステンボスです。
今週 九州・・・長崎・熊本・高千穂・黒川温泉へ行ってきました。

昨夜帰宅しましたが
阿蘇山の噴火で昨日熊本空港は全便欠航でした。
携帯にも JALから天候調査中のメールが入っていましたが
滑走路の火山灰除去が完了したと
なんと・・私が乗る18時45分の大阪行きから飛行機が飛べるようになって
奇跡的っ!に帰宅できました。
運が良かったんですね・・・
運を使い果たした感じ・・?



e0154682_14404514.jpg


噴火が起きた25日はちょうど阿蘇山の草千里にいましたが
その日は霧がかかっていて全然気が付かず・・・
27日高千穂から熊本へ向かう途中で 
阿蘇山から火山灰が吹き上げられているのが見えました。
ちょうど高森の辺りからの写真ですが
右のほうは青空ですが中央の阿蘇山から左(南西)方向の風で
火山灰が流されているのがわかります。




e0154682_14410190.jpg


噴火は肉眼でうっすらわかる程度にしか見えませんでしたが
写真中央 ちょっと煙がもくもくしてるところです。
山肌は火山灰で真っ白になっています。





e0154682_15055566.jpg


さて・・・
ハウステンボスは25年ぶりぐらいに来ました。
以前は家族でワイワイ・・でしたが
今回は東京にいる40年来の友人と一緒の旅です。
お天気にも恵まれて最高でした。

ハウステンボスはアトラクションや施設は変わっているけれど
風車や街の様子など以前のままで 
一歩足を踏み入れればそこはオランダ
・・・でした。




e0154682_15050266.jpg


運河を走る船は 
以前は大きな船がありましたが今はこのサイズのだけだそうです。




e0154682_15233044.jpg


豪華!・・・ホテルヨーロッパ


e0154682_15223825.jpg


何様式っていうんでしょうね・・・
デザインも色合いも素敵です。

一つだけ窓が開いていました。

e0154682_15035299.jpg


ゴミ箱もハウスの形・・・・可愛くてごみを捨てれない・・




e0154682_15543366.jpg


アトラクションもオランダ風の建物にあります。
ミステリアスエッシャー
マジックミラーメイズ
スーパートリックアート


ほとんど制覇しましたが

800トンの水が流れるホライゾン・アドベンチャーは
20年前と同じで懐かしかった~

そして一番おもしろかったのはグランオデッセイ!
まず観客一人一人の顔の写真を撮って
映画の登場人物に自分がなれるアトラクションです。
でも顔がちょっと漫画チックになっているので
自分を探すのが大変!
私も・・・
やっとあの登場人物かも・・と思ったところでTHE END!
あとで 自分がどの登場人物か確かめられますが・・・面白かった~

スリラーシティも行きましたが
監禁病棟へは二度と・・・入りません!!



e0154682_15540736.jpg


アドベンチャーパークも新しくできていて
面白いアトラクションがいっぱい!

私はシューティングスターにTryしました。
丘の上から運河を超えて
300mに渡って張られたワイヤーロープを滑り降ります。

「ハウステンボスの上空を横切る“流れ星”となろう」
・・・っていうキャッチコピーでぐらっときました(笑)
怖いかな~・・って思いましたが
すっごく!気持ちよかった~・・・

流れ星にはなれなかったけれど・・
何よりあの紅葉の中へ突っ込んでいくような感じで・・・
気持ちよかったですよ。




e0154682_22514738.jpg



紅葉もまだ残っていて 南京ハゼの並木が綺麗でした。
ここではいろんなタイプの貸自転車があって
2台をくっつけて5人乗りとか・・・家族用もありました。



e0154682_22165416.jpg


ツタもグラデーションで綺麗!
テラスでお茶は 本当に気持ちがいいお天気で最高!





e0154682_16332532.jpg



そしてこの街を構成する建物が本当に素敵!


e0154682_16335227.jpg



窓も楽しい・・・
ここはワインのお店

e0154682_16343195.jpg


エッシャーのアトラクションの建物




e0154682_15032432.jpg


そして 高さ105mの展望台 ドムトールン

夕方この展望台に登ってみると・・・





e0154682_11493381.jpg



マッチ箱のようなお家が並んでいて
黄昏れると 一つ一つ灯がともって
まるでおとぎの世界でした。





e0154682_16593400.jpg


ドムトールンも夜はこんな感じに・・・

この運河の底に仕掛けてあるイルミネーションも光って
運河が緑や黄色やピンクに変わっていきます。


e0154682_11472062.jpg


5時を過ぎるとハウステンボスが光で包まれます。
パレードもあって綺麗でした。
園内がディズニーランドのように広くないので
朝から夜までいても疲れませんでした。


e0154682_16255759.jpg


思いっきり遊んで・・・・
夜は熊本のホテルでバタンキュー…でした。
次の日は朝が早いんです・・・(汗)


秋バラもたくさん咲いていました。
ローズガーデンが広いので 5月には素敵な場所になるでしょうね。


ここから 行きたかった黒川温泉や高千穂を訪ねます。
よかったら見てくださいね。







いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2014-11-28 16:38 | ★旅行 | Comments(2)

◆軽井沢へ・・・ヴィラデストその2


人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります
e0154682_21471949.jpg


昨夜帰宅しましたが 大阪はやっぱり蒸し暑い~~(泣)
高原の涼しさ・・・気持ちよさ・・・
ず~~といれたらいいのに・・・
・・と毎年 帰るときには思いますが
多分 ず~~とはいれない・・都会が恋しくなるんだろうな~
・・・と思います。

ヴィラデストの庭はもうコスモスも咲いていました。
風で揺れるグラス・・・スティバでしょうか・・フワフワいい感じ。
(スティバの苗 探してるんですけどね~・・・)

e0154682_21495520.jpg

庭の一番上には小屋が立っていて
そこからなだらかに下っています。
昨年は この小屋の屋根に大きな蜂の巣がぶら下がっていました。
今年はないですね・・

e0154682_21491089.jpg
e0154682_21492845.jpg
e0154682_21452062.jpg


ダリアが綺麗!
こんなに大きく綺麗に咲いていると 球根植えたいな~・・と思います。

e0154682_21504939.jpg
e0154682_21511228.jpg


ボーダーのホスタ 中央のビッグダディは葉焼けしていました。
今年は日差しがきついんでしょうか・・・
でもこの斑入り三つ葉との相性のいいこと!
苗を買ってこよう~~!

e0154682_21514978.jpg
e0154682_21560712.jpg


ヴィラデストは毎年変化しています。
昨年は庭にアイアンのガゼボができてテーブルとイスが置かれていたし
今年はお店の横にデッキができて
外でもお食事できるようになっていました。

e0154682_21530781.jpg
e0154682_21562947.jpg


店内の売り場の食器も
私が揃えているシリーズの中皿が新しく販売されていたし・・・
毎年訪れていると驚きがあって楽しい・・・



e0154682_21461519.jpg


ランチの野菜はすべて庭の畑で採れたものです。
前菜のズッキーニ・・・新鮮なので焼いただけなのに美味しかったです。

e0154682_21460435.jpg


今年案内されたテーブル席は
前を向くと 大きな窓で額縁のように庭を切り取ったような風景が・・・
左を向くと デッキの向こうに雄大な風景が・・・
お料理はさておき 
この風景を見ながらゆっくりできる嬉しさに浸っていました。

e0154682_21573956.jpg


もう一つ・・・
毎年思うのは 店内のアレンジの綺麗さです。
お庭の花を摘んでスタッフの方が生けるそうですが
色合いがとっても素敵!
たっぷりと生けられているので豪華です。

右の方がエッセイストで画家のオーナー玉村豊男さんです。
とっても気さくにおしゃべりされます。




e0154682_21453755.jpg


いろんな所に色合いも大きさも違う花があって
それを見てるだけで嬉しくなってきます。
左上の白い花はプルンパーゴ(ルリマツリ)でした。
ブルーだけじゃないんだ~

e0154682_22362798.jpg


ホリホック シャモイスローズがまだ咲いていました。
ハニーサックル ミントクリスプも苗が植えられていたし・・・
我が家の庭と同じのがあると なんだか嬉しくなってしまいます。

でも やっぱり広々とした場所で咲いているのを見ると
生き生きしてるみたい・・・
人間と一緒ね・・・




いつも見ていただいてありがとうございます。ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2014-08-19 22:49 | ★旅行 | Comments(2)

◆軽井沢へ……ヴィラデスト

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります



e0154682_17143906.jpg
今 軽井沢に来ています。
お庭の綺麗なレストラン ヴィラデストのデッキです。
この椅子に座ってボーとしたとき  あ~~夏休み!と思えます。






e0154682_17145906.jpg


目の前に広がる景色………
なだらかに下って町や畑があり そこから又視線が上がって 目線に遠くの山の稜線が見えます。
目線が上下に動くので 横への広がりが感じられる風景です。
町が小さく見えてなんとも雄大……
こんな自然に囲まれると ホント落ち着きま~~す。

スマホでUP しましたが うまくできたかな?









by soleil-gardener | 2014-08-16 22:22 | ★旅行 | Comments(2)

◆湯村温泉へ・・・

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_16522689.jpg週末 湯村温泉に行ってきました。
兵庫県北部 もう鳥取県にほど近い場所にある古くからの温泉郷です。
吉永小百合主演のドラマ『夢千代日記』でも有名になりました。
私も もう何十年も前に訪れたままで・・・・久しぶりでした。

この旅行は女子会!
・・・・ちょっと平均年齢の高い女子会ですが 
ワイワイ・・・・パクパク・・・・・ルンルン・・・・
賑やか旅行でした。

写真は 湯村温泉の中心にある 『荒湯』です。
行った日は雨で それがみぞれに変わったりするどんよりした寒い一日でした。
この写真 ブレているみたいですが そうではなく・・??・・・湯けむりが充満していてモヤモヤ・・・・??
荒湯は屋根のあるところですが 湯気でみんなモワモワ・・・・
温泉水をいただけたり 右の 湯村温泉を流れる春来川沿いには足湯があって 川を眺めながらのんびりできるんですが ・・・・
雨だとね~誰もいませんでした。
e0154682_16514031.jpg
荒湯では 温泉卵を茹でることができて それが湯村温泉の風物にもなっています。
卵は5個100円で売っていて ひもでくくりつけて100℃近いお湯の中へ・・・・・
そのあたりを散策して 11分後に戻ると できていました~♪   温泉卵!
美味しいわ~~・・・・



e0154682_19151326.jpg無色透明でさらりとした温泉ですが あったまりますね~・・・いつまでもポカポカでした。
まだ雪も残っていていましたが 露天風呂が大好きなので 森林浴しながらのお湯は最高でした。
おしゃべりはどこまでいっても止まらず・・・・・
たまにはいいわね~・・・と 
賑やかに夜は更けていきました。


のんびりゆったりした友人との時間は
私の貴重なリラックスタイム・・・・
また 頑張れます!









いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2014-03-15 19:19 | ★旅行 | Comments(0)

◆四国へ・・・丸亀・高松

 


人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22594134.jpg


先週末 四国へ行ってきました。
お天気も良く暖かく・・・穏やか・・・でした。
丸亀城から見た讃岐富士です。
讃岐平野にぴょこっと飛び出したような山がきれいにすそ野を広げています。
風景も長閑でした。

e0154682_22531650.jpg


・・・・ところが ショックなことが・・・
丸亀で一番楽しみにしていた『猪熊弦一郎現代美術館』が
3月1日開催の展覧会に向けての準備中で休館!!
・・・なんという・・・


猪熊弦一郎戸言えば あの三越の包装紙をデザインしたことでも有名ですが・・・

e0154682_00480084.png


形のとらえ方が誰にも真似できない本当に斬新な作品を生み出す画家です。

この美術館をず~~と見たいと思っていて今回はそのために来たのに・・・
不覚にも館のスケジュールを確認してなかった・・・
美術館は金曜日は休館にはならないはず・・・みたいに信じ込んでた私が・・・
海を越えてやってきたのに 丸亀に着いた途端・・・ショックでした。


e0154682_22522713.jpg


でも この美術館の建物の正面の巨大な壁画
『創造の広場』を見れただけでも良かった!
楽しい馬たちがたくさんいました。
黄色と赤と黒のオブジェも迫力ありました。
中に入るのは 次回のお楽しみ・・・

猪熊弦一郎現代美術館はJR丸亀駅のすぐ前にあります。
駐車場も駅の前の地下駐車場があるので とてもアクセスのいい美術館です。


e0154682_23000801.jpg


街の中心にある丸亀城です。
そんなに高くないのでビルに隠れてしまうこともありますが
ちょこっと天守閣が飛び出ていて印象的なお城でした。

e0154682_22591976.jpg


このお城は石垣がとてもきれいだそうです。
左下の石垣だけでも22m 総高60mあるそうです。
綺麗な反りで「扇の勾配」といわれるほどなだらかですが 
石垣の角 エッジが鋭角ですごく綺麗!
これを造った昔の人はコンピューターもないのに凄い・・と感心しました。

お濠には白鳥や鴨がいて のどか・・・
早咲きの桜も咲き初めていました。



e0154682_22533073.jpg


翌日は高松へ・・・
何十年ぶりかで栗林公園へ行きました。

e0154682_22524402.jpg



江戸時代に高松藩の歴代藩主によって、
100年もの歳月をかけて完成した庭園だそうです。
大きな池に 太鼓橋や小島があってその周りを巡る回遊式庭園で
金沢の兼六園とよく似ていてる・・・と思いました。
(造られたのも同時期でしょうね)
でも 栗林公園は背景に紫雲山があって その湧水なのかどうか分かりませんが
池や水路を流れる水が透明でとてもきれいでした。

池に鯉がたくさんいて お麩をあげテル人が多かったです。
丸々した大きな鯉たち・・・・立派でした。


e0154682_00234533.jpg



高松の玉藻町にある『香川県立ミュージアム』へも行きました。
もともと歴史博物館だったのを5年前に美術館も統合して開館したそうです。

実は 常設展の「香川ゆかりの作家たち」で 
猪熊弦一郎の作品が数点展示されているのが分かって観に来たのです。
(猪熊弦一郎は 高松生まれ 丸亀育ちで 
東京美術学校(東京芸大)の西洋画科へ進んでいます。)
4点のアクリル画を観れて・・・満足!




e0154682_22535403.jpg


さてさて美味しいもの・・・・今回まず探したのが『一鶴(いっかく)』
骨付鳥で有名なお店です。
本店は JR丸亀駅のすぐそばにありました。
(猪熊弦一郎美術館のすぐ近くでした・・・泣)
「親とり」か「ひなどり」を選ぶのですが 柔らかいひなどりにしました。
皮はパリパリ・・・中はジューシーに焼き上げてあって美味しかったです~♪
凄くスパイシー・・・!!
とりめしはあっさり美味しい炊き込みごはんでした。


e0154682_22534263.jpg
そしてもちろん 讃岐うどん!

人気の『山越(やまごえ)うどん』へいきました。
一番人気の「かまたま」
生卵の上にあったかいおうどんを入れて 専用のだしを入れ からめていただきます。
腰のあるうどんに 甘みのあるが卵絡まって美味しい~~

e0154682_23065065.jpg
実は今までも何度か山越うどんには来ていましたが
毎回長蛇の列だし 駐車場は満車で いつもスルーしていました。
今回訪れたのは何と10時30分ごろ・・・
それでもプチ行列がもうできていました。
ホテルの朝食でお腹いっぱいでしたが
食べれるんですね~・・・(笑)

この行列がそのまま進み べルトコンベアーに乗ったみたいに
おうどんを注文して受け取って・・
(おうどんを捌くおばちゃんたちの早いこと…早いこと・・) 
そして 棚にあるてんぷらやおいなりさんなどをチョイスして お支払・・・
そのおうどんのお盆を持って 庭のベンチの方へみんな流れていきます・・・

かまたま小で250円だったと思います。
安くて 美味しい・・!

ヤット食べれた!!・・・という感じでした。




e0154682_22523695.jpg


瀬戸内だからか暖かくて穏やかなお天気に恵まれて
のんびり散歩するような旅・・・
温泉につかって ゆったりできた週末でした。



『猪熊弦一郎現代美術館』
丸亀市浜町80-1



いつも見ていただいてありがとうございます。 ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2014-02-24 01:51 | ★旅行 | Comments(0)

◆山陰の旅・・・その3 松江イングリッシュガーデン & レストラン

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22285580.jpg
山陰の旅の続きです・・・・・
松江には何度か来ていましたがイングリッシュガーデンがあるのに初めて気がつきました。
地図でそれを見つけた時の嬉しさ!
直行・・・・・でした。

・・・でびっくりしました。

ちょっとしたイングリッシュガーデンかと思っていたら
(無料・・・ということもあって・・・)・・・・
なんと 本格的でとてもフォ―マルなガーデンでした。
写真は 後ろの噴水のある広場がちょうどガーデンの中心になるようですが その手前の大きな鉢。
見事でした。
サルビアの赤と 鉢の小さな白いフワフワした花がいい雰囲気です。
何気なく写真を撮りましたが ここから見ても線対照  そして 噴水を中心に点対称にきっちり作られているのが分かります。

e0154682_22292770.jpg
バラもポツポツ綺麗に咲いていました。
やっぱり ホワイトガーデンのアイスバーグが一番よく咲いていたかな~・・・・・

e0154682_2232873.jpg
このガーデンは 9か所のフォーマルガーデンと 1つのインフォーマルガーデンで構成されているそうで イギリスのガーデナー  キ―ス・ゴットさんをヘッドガーデナーに迎えて造られたそうです。
ルイス・C・ティファニー美術館の跡地です。

レンガを積んだ上に木製のルーバーを架けたパーゴラは 伝統的なイギリスのデザインだそうで 本当に重厚な雰囲気です。
フジのつるがたくさんあって その間につるバラも這っていました。
このつるバラ ニュードーン・・・・・のようでした。

e0154682_2233482.jpg
池には 柳があり ガゼボがあって 橋が架かっていてつるバラが絡まり 水面にはスイレンが浮かんでいました。

e0154682_22332340.jpg
感心したのは 本当に手入れが行き届いていることでした。
四角  円すい  四角すい 丸・・・・・・
きっちり形が取られエッジが見事でした。

真中の写真のオ二ファーの三角すい・・・・・・お見事!
どれか一つ 枯れてたり 形が変だったりすると思うのに 完璧でした。

e0154682_22343898.jpg
この噴水が中心で ロンデル・・・・車輪の中心・・・と呼ばれています。

e0154682_2236269.jpg
そしてガーデンを出ると南には宍道湖が広がります。
芝生の広場にはガゼボがあって ハニ―サックルが絡んでいたような・・・・・

それにしても芝が綺麗!
我が家のと大違い・・・・・手入れが行き届いてるのね~・・・エッジもきっちり!

時折子供たちが芝生で遊んでいました。

シンプルだけれど すっきりして余計なものがなくて気持ちのいい空間です。
後ろの宍道湖が ちゃんと写真に写っていないので良さがお伝えできていませんが・・・・(汗)

もう 王道のガーデンでした。

ちょうどお昼だったので この広場の横にあるレストランでランチしました。


e0154682_22505537.jpg
イタリアンのお店 『LAUT](ラウ) です。
宍道湖畔に建っているので ロケーション抜群・・・・沈む夕陽を見ながらの食事っていいでしょうね・・・・・
それにインテリも素敵なお店でした。

e0154682_22512596.jpg
ランチは1400円からあって  パスタやお肉 お魚が選べます。

e0154682_22514751.jpg
自家製パンがお代わり自由なのが嬉しい・・・・
バルサミコを添えたオリーブオイルでいただきましたが 美味しかったです。

e0154682_2255185.jpg
この後 足立美術館に行く予定で ちょっと急いでいたのでゆっくりできませんでしたが 食後はティ―ラウンジでドリンクとお菓子が自由に頂けるそうです。
惜しかった~・・・・・・

e0154682_22521979.jpg
ナイフとフォークに お箸もセットされていたり メニューのことも詳しくく教えてもらえたり とても気持ちのいいサーブでした。
もうちょっとゆっくりしたかったな~・・・・とちょっと残念。

もう一度来たいお店でした。


素晴らしいガーデンとお店  それに展示スペースや 緑いっぱいの多目的ホールではイベントが目白押しで この日も絵画の展示やコンサートが開かれていました。

それにつけても こういう本格的なガーデンが どうして大阪にはないんだろ~・・・・・
といつも思います。






いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2013-11-05 22:37 | ★旅行 | Comments(0)

◆バリ島へ・・・・その2

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_0341567.jpg
バリは今 一番暑い時期だそうです。
乾季から雨季へ変わる季節で 太陽がもう少し南に傾くと少しは涼しくなり オーストラリアが真夏で暑くなるそうです。
昼間は35℃ 湿度が高いので蒸し暑いです・・・・・でも昨年のカンボジアのような暑さでもなく
・・・・・同じアジアでも地域によって違うんですね。
・・・で 初めてラフティングに挑戦しました。
バリでは海のアクティビティはたくさんありますが ラフティングは山のアクティビティ。
山間部のウブドを流れるアユン川を1時間30分間 ゴムボートで下っていきます。
楽しかった~!!
岩がごつごつした激しい流れでは もう頭から水をかぶってビチャビチャになりますが 穏やかな流れでは景色を楽しみながらゆったり漕いでいけます。

e0154682_0351086.jpg
山と山に囲まれた渓流にはヤシや竹や大きな木々が鬱蒼としていて 私の背丈ぐらいのシダがあったり トカゲが日向ぼっこしていたり いろんな生き物の鳴き声が聞こえたり 鳥が水浴びしていたり・・・・・・
大自然が体感できて ホント楽しい。
癖になりそうでした・・・・・が・・・・・私と友人のようなおばさんは どのボートを見ても参加していませんでした・・・(大汗)
7歳から65歳までOK・・・・・だそうなんですが・・・・・

e0154682_054531.jpg
ウブドからず~と山の方・・・バリ島のもう北部へ行くとバトゥール山とその噴火でできたカルデラ湖があります。
広々とした眺望・・・素晴らしい景色でした。
このレストランの入り口に設置されている二つの長い竹の飾りは「ベンジョール」と呼ばれるもので ヒンドゥー教のお祭りの儀式のときに立てられるのだそうです。
ベンジョールは先祖の霊が落ちてくる目印になるんだそうです。
竹や黄色い布が 各家庭に立ててあったり 街路樹に括りつけてあったりしました。
ほんと 信仰心の深い国です。
e0154682_1792569.jpg
町ではいたるところで お供えを売っています。
ヤシで編んだ小さなかごに いろんな種類のお花が入れてあります。
お店の入口や家の前 お寺・・・・・一日何度もお供えするそうです。
その姿を見ていると とても心の豊かな国民なんだと思えました。

e0154682_1721355.jpg


e0154682_0543955.jpg
バトゥール山を見ながらキンタマー二高原で昼食です。
どのお店もテラスが広くて景色を楽しみながらお食事できて いい気持でした。

e0154682_0481557.jpg
バリは海もいいけれど 私は山間部のウブドの街も好きでした。
e0154682_17144387.jpg
夜はそのウブドの「ピタマハ」で食事しました。

e0154682_050445.jpg
ピタマハは 地元の王族が経営するホテルですが 山に囲まれたヴィラに泊まれます。ラフティングしたアユン川の途中にあって 川から見上げると幾つものヴィラが点在していて素敵な雰囲気でした。
いいな~・・・・

e0154682_1712365.jpg



e0154682_1119418.jpg
今回宿泊したのは バリ インターコンチネンタルりゾートでした。
シンガラジャルームにランクアップしてもらえたので 24時間お茶などが飲めたり 旅のコンシェルジェが常駐するラウンジがあったり 朝食も2か所のダイニングが使えました。
リゾート!・・・満喫できるホテルでした。
e0154682_17155099.jpg


e0154682_025662.jpg
ホテル近くのビーチにあるBBQのお店の ジンバランのイカン・バカール・・・・・焼き魚・・・・・も美味しかったです。
シーフードは新鮮。
e0154682_1657686.jpg
朝食の時 目玉焼きを焼いてもらうのに 何て言うんだろ~・・・・・
ガイドさんに聞くと インドネシア語で『Telor mata sapi 』(テラマタサピ)・・・・・
「牛の目玉」・・・・・と言うんだそうです。
・・・で翌朝 目玉焼きが食べられました!

e0154682_23565698.jpg
                  楽しい時間はあっという間に過ぎて・・・・・・
                   寒い日本に帰ってきました・・・・・

e0154682_17201713.jpg
              毎年1年に1度 東京に住む親友と旅行します。
        もう40年の付き合いですが お互いに元気で出会えることが嬉しくて
        私の弱いところやダメなところ・・・全部知ってくれる友人とのおしゃべりは
                     私のカンフル剤になります。
                       今年もありがとう!
                      来年も元気で会おうね!!



さて・・・・・ネットで頼んでおいた球根も旅行中に届いていたし 早く春に向けての花壇つくりしなくっちゃ!





いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2012-11-18 01:28 | ★旅行 | Comments(2)

◆バリ島へ・・・その1

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります
e0154682_20564370.jpg
              「ISLAND OF THE GODS」・・・・・神々の島・・・・・・
                       Baliへ行ってきました

            関西空港から6時間 赤道よりちょっと南の常夏の島 バリ島。
         デンバサール空港に着いた途端 やっぱり風邪のことなど忘れていました。

e0154682_2145899.jpg
                   ホテルのプライベートビーチ・・・・
               早朝のビーチは波も穏やかで海の色が綺麗・・・・・
                  でも モクモク雲は常夏の証し・・・・

e0154682_2151334.jpg
朝は鳥の鳴き声で目を覚ましました。
鳥を見ようと部屋のテラスに出ると ホテルの庭をアヒルたちが急いで横切っていきました。
何だろ~ 朝ご飯かな・・・・・
みんな大急ぎ!
左上に見える白い花はプルメリア。 黄色やピンクもあって バリ島のいたるところで咲いていました。
凄く甘い香りの強い花・・・・・
正面の黄色い花とその後ろの銅葉の低木・・・この色の組み合わせがよく使われていてホテルの庭のアクセントになっていました。
左のヤシの木の足元の壺の中には見えないように照明器具が入れてあって 夜ライトアップされます。
目障りなものがないように気配りされ 手入れの行き届いたお庭でした。

e0154682_215238.jpg
                          テラスで朝食。
                          ゆったり・・・・・・
                    その後は バリ島を巡ります。
e0154682_2194094.jpg
バリ島の西の方にある「美しい庭園」という意味のタマンアユン寺院。
バリ島では2番目に大きな寺院で「バリ島で最も美しい寺院」とも言われているそうです。
ガイドさんが幼い時 いつもここの芝生に遊びに来ていたそうで 地元の人たちの憩いの場所でもあったそうです。

e0154682_2195933.jpg
お寺の境内に入る門には細かい石のレリーフが施されています。
e0154682_21102336.jpg
中には メルと呼ばれる多重層の塔が並んでいます。
山を模した塔で サトウキビの黒い茎を葺いてつくられていて 凄くデザインが美しい。
普通は奇数の塔ですが 珍しい2重の塔もありました。

e0154682_2191821.jpg
山間部のウブド地区の近くのゴア ガジャ遺跡。
「象の洞窟」という意味で 入口が獅子の顔のようなレリーフになっています。
洞窟の中には祭壇が設けられていて 僧侶の修行の場所でもあったそうです。

e0154682_21113168.jpg
ヌサドア地区の近くでサンセットの名所で有名なタナロット寺院。
海に浮かぶ寺院です。
お寺には入れませんが入口の聖なる水に触れるため 干潮だったので たくさんの人が島へ列をなして並んでいました。
でも夕日が沈むころ潮が満ちてきて みんな腰ぐらいまで浸かって・・・・・それでも並ぶ人もいました。

e0154682_0205975.jpg
近くの岸壁に座って 陽が水平線に落ちていくのを眺めていました。
ゆったりした時間が流れて・・・・・・・
素晴らしい景色が見ることができました。
タナロット寺院がシルエットで浮かびあがって美しい世界でした。

e0154682_21122132.jpg
バリと言えばバリダンスも有名ですが バリの三大ダンスはバロンダンス レゴンダンス そしてケチャックダンス。
これはバロンダンス。

e0154682_21163583.jpg
善と悪の戦いを描いているけれど 善と悪は相対するもので どちらかが勝つ・・ということがなく 永遠に戦いが続くのだそうです。。。

e0154682_21165512.jpg
これはウブドにあるサレンアグン宮殿・・・ウブド宮殿は今でも王家の末裔が住んでいるそうです。
ここで毎夜 レゴンダンスの公演がありますが ちょうどスコールがあって室内で観ることに・・・・

e0154682_21185277.jpg
美しかったです~
両サイドに座った楽団の古典的なガムラン楽器で奏でられる不思議な音の世界・・・・
甘美で豪華な衣装・・・・
指先まで 目線まで表現された舞踊・・・・
うっとり見とれてしまいました。

・・・・で 舞台が終わって外に出ると なんと踊っていた美しい女性が 衣装の上に上着を着て バイクにまたがってバタバタ~・・・と夜道に消えていきました。
みんなみんな衣装のままバイクで急いで帰宅していました。
早~・・・・・

e0154682_2121350.jpg
ここはホテル近くのジンバラン地区の海岸。
ビーチのシーフードレストラン・・・・
遮るもののない水平線に陽が沈んで 夕陽が綺麗!
恋人たちのための夕陽・・・・・・
いいな~・・・・・・・・


バリ島で初めて経験したラフティング(ボートで川下り)  町やホテルの様子はまたUPしますね~
・・・・・・・to be continued

いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2012-11-16 20:55 | ★旅行 | Comments(2)