人気ブログランキング |

カテゴリ:★映画( 9 )

◆『ラ・ラ・ランド』 &『バグダッド・カフェ』 

 
e0154682_00203595.jpg
いつも応援ありがとうございます♪
ハルメクWEbで連載中です。
「いいね」をクリックしていただけると励みになります♪

e0154682_23394453.jpg
久々に映画を見ました。
しかも 先週、先々週と続けて・・・

1つは『ラ・ラ・ランド』・・・昨年観そびれた映画です。
「LA LA LAND」ってLA・・・ロサンゼルスのことで
俳優志望の女性とジャズピアニスト男性の恋愛を描いたミュージカル映画です。

ミュージカル映画といっても
「レ・ミゼラブル」のような全編「歌」という感じではなく
軽くて見やすい・・・特にダンスが素敵です。
冒頭のハイウエーでのダンスシーンでぐっときて
四季を感じながら話が流れるストーリーの映像が綺麗で・・・
ロマンチックなラブストーリーのはずが
ラストでハッピー―エンドの王道を行かずに・・・
なぜ!

人生で成功するって・・・どういうこと・・・?

楽しい・・・そして ふ~~んと考えてしまう映画でした。




e0154682_23375102.jpg
もう一つは『バグダッド・カフェ』 

もう30年以上前に制作された映画ですが 
2008年にニュー・ディレクターズ・カット版が作られて上映されています。

面白かった!

ドイツからの旅行者ジャスミンが アメリカ旅行中に夫とケンカして 
ラスベガス郊外のモハーヴェ砂漠の中にある
さびれたモーテル&カフの『バグダッド・カフェ』にたどり着いきます。
そこには いつも不機嫌な女主人や変わった人々が生活していて・・・
でも心優しいジャスミンの行動で みんなの気持ちが変わっていきます。

おばさん二人の友情のお話しですが
何とも言えない深いいいお話しです。

今のようなお洒落でテンポのいい・・・ 
そしてスタイルが良くて美しい人が出てくる映画ではなく
なんだか心にしみわたる映画です。


冒頭からのけだるい雰囲気を 主題歌の『コーリング・ユー』が
より一層引き立てて・・・
観終わって ず~と  コーリングユー~~♪と耳に残ります。

あなたを呼んでる・・・
そう・・みんな誰かを呼んでる・・・
人生で離れがたい思いを抱くとき誰かを呼ぶんだろうな・・・




 2本とも楽しい面白い映画でした♪






いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪



by soleil-gardener | 2019-11-15 00:38 | ★映画 | Comments(0)

◆『グリーンブック』



いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_22143200.jpg


今日は 
これも見たかった映画 『グリーンブック』を観て来ました。


実話をもとに映画化されたんだそうです。


グリーンブックって・・・
1936年から1966年までヴィクター・H・グリーンにより毎年出版された
黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブック。
アメリカ南部で特に重宝された・・・
黒人が気持ちよく旅ができる本・・・だそうです。





1960年代のアメリカ・・・
ホワイトハウスでも演奏したほどの黒人天才ピアニスト ドクター・シャーリーが
ナイトクラブで用心棒をしていたトニー・リップを運転手に雇って
あえて人種差別のきついアメリカ南部へのコンサートツアーの旅に出ます。

教養の高いシャーリーとガサツなトニー・・・
性格も全く違う二人に友情が生まれて
お互いを理解し合うようになっていくんですが・・・
人種差別を描いているのに
暗くなく コメディタッチで
観終わったあと ほのぼのとした気持ちになってきます。

旅の道中のエピソードが面白くて・・・
ケンタッキーフライドチキンをめぐる二人のやり取りが
最高でした。


作曲家ストラヴィンスキーから「神の域の技巧」と絶賛され
ケネディ大統領のためにホワイトハウスでも演奏したほどの天才ピアニストが
どうして 黒人には危険な南部でコンサートツアーをしようとしたのか・・・
富も名声も手に入れた黒人が 危険を冒さなくてもよかったはずなのに
その謎が語られた時は感動ものでした。

『才能だけでは充分じゃない 勇気が人の気持ちを変えるんだ』
・・・という言葉が印象的でした。


「いい映画」って誰もが思う映画・・・お勧めです♪






いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪


by soleil-gardener | 2019-05-09 23:17 | ★映画 | Comments(0)

◆『ボヘミアン ラプソディ』



いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_18373409.jpg


今日は映画を見に行きました。
昨年末から観たかった『ボヘミアン ラプソディ』・・・  

イギリスのロックバンド「クイーン」のボーカル 
フレディ・マーキュリーの生き様を描いたものです。

ロンドンでバンドを結成して
売れない時代から 
スターダムを駈け上がった時代
そして解散の危機から完全復活・・・
伝説のバンドになっていくクイーン・・・

全編に流れるクイーンの曲・・・
あっ これもクイーンの曲だったんだ・・と
CMやTVで何度となく耳にした曲がたくさん流れます。

最後 フレディは45歳という若さでエイズでなくなりますが・・・

この映画 本当に感動!!・・・でした。


ボヘミアンラプソディという なんと心にしみる・・・心揺さぶる曲から
思わず体が動き出す 心躍る曲の数々・・・・
最後は 自然と涙が流れていました。

こんなに人々を感動させる強烈で鮮烈な生き方って凄い・・・
って思いました。

サントラ盤 買おう!


この映画は 
いくらTVで放映されるようになっても この感動は伝わらないかも・・

やっぱり劇場の大画面と
臨場感あふれるサウンドでしか味わえないものがあるだろうな・・・って。

映画っていいな・・・


e0154682_18374736.jpg


今年は 
最低月に1回は映画を観に行こう!・・・と思い
1月はチューリップ・フィーバー
2月はアラン・デュカス 宮廷のレストラン
そして
3月はボヘミアンラプソディ

ボヘミアンラプソデイで映画の醍醐味を味わえました♪

さて・・・4月は何観よう・・・♪







いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪


by soleil-gardener | 2019-03-13 23:03 | ★映画 | Comments(0)

◆『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_17072491.jpg


ジューンベリーの紅葉が綺麗です。

昨冬 掘り上げて根を小さくして鉢上げしたのでなんだか可愛そうでしたが
少ないながらも花を咲かせ
綺麗に紅葉してくれました。

植物の力を感じます。



e0154682_17090601.jpg


今日は少し肌寒かったけれど
午後から目いっぱい庭に出ていました。

まずはお掃除!
落ち葉を掃除して・・
枯れた葉を切って・・
掘り上げた土をふるいにかけて・・・

そうしていると・・・
今日は球根を植えようと思っていたのに
なかなかそこまでたどり着きません💦

でも やっぱり気持ちよかった~
これから本格的に庭仕事しないとね。



e0154682_17141885.jpg


今日は午前中 
映画『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』を観てきました。

2008年に92歳で亡くなったターシャの 
生誕100年を記念したドキュメンタリー映画です。
NHKで放送した番組の再編で
今年春に公開されていましたが
見逃していたので今日観れてよかった!

ゆったりした時間が流れる映画でした。


タイトルの『静かな水の物語』とは
『静かな水のように穏やかであること。周りに流され素自分の速さで進むこと』
・・と ターシャの生きざまそのものを語っています。

コテージガーデン・・・もう少しじっくり見たい・・見たい・・
と思って画面を覗くけれど
見たい場所が見れない・・・仕方ない・・💦
でも 庭の中のシャクヤクの綺麗だったこと!
植えたくなりました。



そして
ターシャに寄りそうコーギー犬の可愛いこと!
時にアニメーションになって
ターシャの絵本の中を走っていたり・・・



そして

ぶれない・・
自分の価値観で人生を歩んだターシャの言葉が心に染み入ってきました。

『人生は小さな選択の積み重ねでできているのよ』

『やりたい仕事は 労働ではなく楽しみになるわ』

そして・・・
『心が迷子になってない?』

『自分の心を開いて聞いてみることね』

『何かをやりたいと思ったら まず始めなさい』

『人生は短いのよ。楽しまなくっちゃ!』







大自然の中に佇む小さな家と広がる庭が
孤高に生きるターシャと重なりました。







いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-11-17 20:47 | ★映画 | Comments(0)

◆『グレートミュージアム』


人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります


e0154682_23574134.jpg
今日は朝から雨!
この前から観たかった
『グレートミュージアム』を観にシネマに行ってきました。

オーストリアのウィーン美術史美術館のスタッフたちの
ドキュメンタリードラマです。

ハプスブルク家の遺産 豪華な美術品を受け継ぐ重荷や 伝統を守る大変さ
でも現代の観客に向けて大胆に革新していかないといけない・・・
いろんな問題が起こる中で
館長、学芸員、修復家、運搬係、お客様係・・などの
仕事に誠実に向き合う姿が描かれています。
お客様係の「私たちは下っ端じゃないのよ!」と
館長たちに話すのが面白くて・・・

e0154682_23581993.jpg
創立120年の節目の改修工事の様子も映っていて
まるで宮殿のような天井画や壁画の数々・・・
そこかしこに出てくるブリューゲルなどの名画、美術品・・・
ため息でした!

絵画だけで7000点あるんだそうです。
兵庫県立美術館はすべての収蔵品で9000点。
それでも西日本で大きな美術館の一つになります。
それを思うと・・・凄いですね。


e0154682_23594502.jpg


修復家のプロ意識の凄さ
美術品落札の大変さ
予算がなければ何もできない
観客へのアピールの仕方をどうするの・・・


e0154682_23583147.jpg


普段見れない美術館の舞台裏。

美しさの裏側はとってもシビアなのだ!


面白かった~♪



もうロードショウは終わっていて小さな映画館で上映してるかもしれません。
一風変わった映画なので 是非!


先日行った素敵な3件のお店もUPしようと思ったんですが
時間が無くなり・・💦
またUPしますね♪




いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2017-02-17 21:59 | ★映画 | Comments(0)

◆『イントゥ・ザ・ウッズ』



いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_23122049.jpg

今日友人と『イントゥ・ザ・ウッズ』を観てきました。

近くの映画館では今日が最終日だったので
慌てて駆け込みました。

「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」・・
おとぎ話の主人公たちの
ハッピーエンドのその後を描いたミュージカルの映画化です。

「魔女にかけられた呪いのせいで子どもに恵まれなかったパン屋の夫婦は、
子どもを授かりたければ「赤いずきん」「黄色い髪」「白い牛」「黄金の靴」の
4つのアイテムを森から持ち帰れと魔女に命じられ、森へ向かう。
時を同じくして、赤ずきんやラプンツェル、ジャック、シンデレラたちも
それぞれの願いをかなえるために森へとやってくるが・・・」
・・というストーリーです。

シンデレラは王子様と結婚したからって幸せにななれないし・・
王子様は浮気するし・・・
ジャックが金貨などを持ち帰って
雲の上の巨人が豆の木から落ちて死んでも
巨人の奥さんがジャックを許さないし・・

赤ずきんちゃんはものすごく大食いだった・・とか・・

私はラプンチェルのお話が大好きでしたが
産みの母と育ての母が誰だったとか・・・

あら~~・・と面白い!

ジョニーディップは狼で 
おばあさんと赤ずきんちゃんを食べちゃってお腹をハサミで切られるので
後半全く姿を見せないのが残念でしたが
メルリストリープの声量と歌唱力は圧巻でした。
凄い!








いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪


by soleil-gardener | 2015-04-15 22:43 | ★映画 | Comments(0)

◆『ミッドナイトインパリ』

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_23401676.jpg


今日も朝から雨です。
途中から雪になり・・・・・また雨になり・・・・・
寒い寒い一日でした。

庭にも出れないので・・・・・
先日観た映画『ミッドナイトインパリ』が面白かったので ご紹介します。
この映画は昨年 5月ごろ劇場公開されましたが 忙しくて観に行けなくて・・・・
やっと観れました。

このポスターを見ただけでも映画を観たくなる・・・・・
バックはパリに街だけれどゴッホの『星月夜』・・・そのものです。

この前見た『レ・ミゼラブル』のように構えて観なくていい 気楽なラブコメディです。

e0154682_2340362.jpg


婚約者の家族と一緒にパリに来ているハリウッドの売れっ子脚本家ギルが パリの裏町で道に迷った時 真夜中12時の鐘が鳴り 旧式の黄色いプジョーがやってきて それに乗って1920年代のパリに迷い込む・・・・というストーリーです。

e0154682_23405385.jpg


ジャン・コクトーやピアノを弾くコール・ポーター 、ヘミングウェイ 、 ピカソや愛人アドリアナ、 ダリ が登場し
また1890年代のベルエポックの時代にもトリップするのですが そこではマキシム・ド・パリやムーラン・ルージュが舞台となりロートレックやゴーギャンやドガが登場します。

ギルは1920年代に憧れ  でもその時代のアドリアナは1890年代に憧れ・・・・・
いつの時代も その時代の人たちは昔の黄金時代に憧れる・・・・・ということがわかり ギルは今に時代の自分自身を見つめ直す・・・・・という映画です。

パリの街の風景や文学や芸術に興味のある方は いろいろ登場する人物に微笑みたくなると思いますよ。
古き良きパリと 今のパリを堪能できます。
まるでシンデレラのように 12時の鐘とともに1920年代に行ったり来たり・・・・・
私も行ってみたい!
たくさんの芸術家が登場するので  一人一人思いに浸っていてはストーリについていけなくなる・・・・・・(汗)

起こり得ないことだけれど あるかもしれない・・・?
・・・・と思わせるおとぎ話もような楽しい映画でした。

もう小さな映画館でしか上映されていないと思いますが もし見かけたら 是非!・・・お勧めです。



いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2013-02-19 23:10 | ★映画 | Comments(0)

◆映画『レ・ミゼラブル』を観てきました

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_2252659.jpg


『レ・ミゼラブル』の世界にどっぷり浸かった2時間40分でした。
冒頭の迫力ある音と映像とまずびっくり そして台詞がなくず~と歌・・・・というのに慣れるのに少し時間がかり その後は ストーリーは十分わかっているのに夢中になって惹き込まれて・・・気がつけば3時間弱・・・・・
新幹線なら東京まで行けてますね。
でも長さを感じさせない映画でした。

「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイがファンティーヌ役でとっても綺麗で存在感ありました。「夢やぶれて」が素晴らしくて こんなに歌えるんだ・・・とびっくりでしたが役者さんって凄いな~・・と思いました。

ジャべールの最期の場面ではさすがラッセル・クロウ!と思える演技(歌)でよかった~・・・・・この場面 まだ夜明け前の 橋から眺めた暗いパリの風景が ジャベールの心象を映すようで 綺麗な映像で心に残りました。 
ラッセル・クロウってあまりいい声じゃないけれど 味がある・・・・・・

ジャン・バルジャン役の ヒュー・ジャックマンは そうだXーMENだ・・・と思いだし 冒頭の暗い重厚な色彩の中で囚人のジャン・バルジャンのギラギラした眼が印象的でした。
歌がうまいんですね~

私はミュージカルを何度か観ているので それを映画にすると  こんなにストーリーや登場人物が細やかに描かれ 迫力のある映像になるんだと感心しましたが やっぱり 歌は 感情を揺さぶられるような生の歌に勝るものはありませんね。

ミュージカルで革命のテーマ「民衆の歌」が歌われる場面では みんながバリケードに登っての合唱になるけれど  あのバリケードが何でできているのか 今日映画を観て分かりました。

役者もいいし 歌もいいし 映像も凄いし・・・・・
感動しました!

今でも 「戦うものの~歌が聞こえるか~♪~・・・・・」というメロディが頭を駆け巡っています。
音楽の力・・・って凄いですね。







いつも見ていただいてありがとうございます。
ポチっと応援お願いします♪
人気ブログランキングへ


by soleil-gardener | 2013-02-08 22:51 | ★映画 | Comments(0)

◆『アバター』に感動・・・・3D映画初体験

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます♪
1日1回クリックしていただけると励みになります

e0154682_2205140.jpg
感動でした・・・・。
ハッと息をのむ美しさでした・・・・。
今日は ず~~と観たかった映画 『アバター』を観ましたが・・・感動しました。
今、日本には4館しかないというIMAXシアターのひとつ 箕面の109シネマズに行きましたが 当日ではなかなか席が取れないので 友人が昨日予約してくれていました。

e0154682_222147.jpg
今から約150年後の未来の地球。パンドラという星に眠る貴重な鉱物を得ようとする人類と それに立ち向かう先住民ナヴィ。そのナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちる元海兵隊員ジェイクが パンドラの星の運命をかけて戦っていく・・・・・というとってもシンプルなお話ですが 時に涙が出たり 時にドキッとしたりハラハラしたり・・・・とっても面白い映画でした。
e0154682_22312766.jpg
3D映画ってどんなのかな~・・・てとっても楽しみにしていました。
大きめのメガネで・・・・これならメガネonメガネも大丈夫みたい・・・・・メガネは気にならずに観れました。
最初は酔いそうな感じでしたが 慣れてくるとまるで登場人物と一緒にパンドラの星にいるみたいでした。
綿毛のような木の精霊を受けてみようとしたり・・・・
横からのぞいたら見えるのかと錯覚したり・・・
鳥に乗って急降下すするスリルを感じたり・・・・・・
大木が燃やされた時の灰が降りかかってくるみたいだったし・・・・・
とにかく臨場感が凄かったです!
もっと何か飛び出してきたり つかめそうなものが来たり・・・・するのかと思っていましたが それはとっても子供な発想だったと恥ずかしくなりました。映画ですから・・・。

とにかくパンドラの星の美しいこと!
色彩とその動き・・・・・映像美っていうんでしょうか、 これって本当にCGなのかな~って・・・本当にこんな場所があって撮影してる感じがするぐらいリアリティがありました。
先住民ナヴィは特殊メイクしてるのかと思っていましたが これもCGだったんですね。
表情や目の動きも (瞳孔の大きさまで変えて・・・) とってもリアルで 
「ネイティリ役の女優さんの素顔が見たいね・・・」と友人と話すぐらいでした。

監督は「タイタニック」のジェームス・キャメロンですが 映画を見ながらもう何歳ぐらいなんだろ~と思いました。このパンドラの星の設定・・・・・・こ発想はどこから来るんだろ~・・とただただ驚きです。
宮崎アニメのイメージもある・・・ということでしたが・・・・そういえばラピュタみたいに 山が空に浮かんでました・・・・。

2時間40分って長いね~
2200円って高いね~
始めの不満はどこへやら・・・
驚きと感動の3D映画『アバター」でした。
(あ~まだテンション高いわ~)

お時間があれば是非!お薦めの映画です。

                 ◇


・・・さあ、なんでも一所懸命観るとお腹がすくんです。
友人のお薦めのお店でランチしました。
箕面のイタリアン「ISAMU」です。

e0154682_23492891.jpge0154682_23494872.jpg








e0154682_23513616.jpge0154682_23515766.jpg









e0154682_23525016.jpg
今日は ISAMUランチ 1800円をいただきました。
どのお料理も 優しいお味でとっても美味しい。
派手に主張するものがなくて お魚の焼き加減も パスタの茹で加減も量も 食べる側のことを考えてる・・・ということが感じられるお料理でした。
たっぷりでお腹いっぱいになりました。
ドルチェのチョコレートアイスクリームとキャラメル味のムースも美味しい。

e0154682_23533411.jpg
1階がパン屋さんで2階がレストランなので いい眺めでした。開放感ある店内でゆっくりできました。個室もあるのでちょっとした集まりもできそうです。
シェフもとっても優しい方で また来たいお店になりました。
e0154682_0295960.jpg


Bakerry &Trattoria  『 ISAMU』
箕面市如意谷1-12-19
Tel 072-723-0136


人気ブログランキングへ
by soleil-gardener | 2010-02-12 23:31 | ★映画 | Comments(2)